ゲーテ ファッション救命講座- 連載

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファッション救命講座
第1回|スタイリスト大西陽一のファッション救命講座

第1回|スタイリスト大西陽一のファッション救命講座

Q|スーツのボタンの留め方に決まりはあるのですか

A

 はじめまして、スタイリストの大西陽一です。今回から、僭越ながら僕がお洒落の基本についてレクチャーします。ファッションの悩みや疑問、なんでも聞いてくださいね。

 で、スーツの上着のボタンの留め方ですが、これは一番下をはずすのが決まりです。一番下を留めると、スーツのシルエットは崩れてしまいます。もともと留めるように仕立てられてはいないのです。要するに、ボトムボタンはただのデザインと考えてください。なんでも中世のヨーロッパでは、ボタンはただの装飾だったようで、そのなごりが残っているのでしょうね。そんなわけで2つボタンのスーツは上だけを留めてください。
 では、3つボタンの場合はというと、一番上のボタンが段返り(襟がボタンの下あたりまで折り返されている)のものが多いので、真ん中のみ留めます。テレビの出演者とかを見ていても、意外と間違った留め方をしている人を結構よく目にするので、気をつけてください。そうそう、スリーピースのベストも、一番下は留めてはいけませんよ。
 それからボタンは基本、立っている時は留める、座っている時は全部はずしましょう(3ピースはベストを留めて上着は留めない)。さりげなくボタンを留めたり、はずしたり――その立ち居振る舞いがエレガントさにつながります。

スタイリスト大西陽一のファッション救命講座

スタイリスト大西陽一のファッション救命講座

大西陽一|Yoichi Ohnishi

広告や雑誌など幅広く活躍する売れっ子スタイリスト。エディター的視点によるスタイリングに定評がある。守備範囲はメンズファッションだけにとどまらず、インテリアやクルマ、雑貨までにも及ぶ。趣味は写真。
ラインナップ