ゲーテ 男の料理 ビギナーズ・ラック! - 連載

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男の料理 ビギナーズ・ラック!
男の料理 ビギナーズ・ラック!|Vol.05 「都会・ベジ」で女心をつかめる男になる

男の料理 ビギナーズ・ラック!|Vol.05 「都会・ベジ」で女心をつかめる男になる

その2|変わり野菜に驚く、美・野菜の通販サイト【農家の台所WEBショップ】|白いイチゴやトウモロコシって見たことある? その甘さにもきっと驚くはず
その2|変わり野菜に驚く、美・野菜の通販サイト【農家の台所WEBショップ】|白いイチゴやトウモロコシって見たことある? その甘さにもきっと驚くはず
【食べておいしいだけでなく、印象に残る贈り物にも】

 贈り物に迷った時、「どこか印象に残るもの」というのは重要な選択のポイントです。人は珍しいものを貰い、初めてその存在を知った時のことを良く覚えているものです。というわけで、新しい出会いを贈り物にしてみては。

 今、お勧めしたいのは、旬の「ホワイトいちご」(品種名:初恋の香り)です。果皮はほんのり薄いピンク色ですが、切ると断面は真っ白。さぞや酸味が強いかと思いきや、完熟していて驚くほど甘みが強く、瑞々しいのです。特に、紅白のコントラストが美しい赤いいちごと一緒の箱詰めは、お祝いごとの贈り物に最適ではないでしょうか。
 日本国内でまだ数軒の生産者しか栽培できず、市場には一切出回っていないというからプレミア感もたっぷり。販売しているのは、都内に5店舗展開している野菜のためのレストラン『農家の台所』です。その「農家の台所WEBショップ」が最新の変わり野菜の宝庫なのです。見るだけでも野菜の世界が広がりますよ。

「ホワイトいちご」(品種名:初恋の香り)
【農家の台所WEBショップ】

http://www.rakuten.ne.jp/gold/kf831/

【農家の台所】

http://www.noukanodaidokoro.com/top.html
(銀座、恵比寿、新宿、立川にレストランもあります)

【作るのが大変な真珠もろこしと、塩味が不思議なソルトリーフ】
 私が昨年感動したのが「ピュアホワイト」という純白のトウモロコシ。驚くことに生でも食べられます。糖度が17〜18度もあり、フルーツのような甘さ。更にジュースのような瑞々しさもあるので、ちょっと野菜の概念が変わってしまうほど。見た目も一粒一粒が美しく、「真珠もろこし」と呼ばれるのも納得です。
 通常の黄色いトウモロコシの近くで栽培すると、風で花粉が飛んで黄色が混ざってしまうため、一定の広さをピュアホワイトのみで作らなければならず、手間がかかるといいます。そのため生産者が少なく、希少価値の高いものです。夏(7〜9月予定)の販売が待ち遠しいですね。
真珠もろこし
 年間を通して食べられる変わり野菜では、微妙な塩味が感じられる「ソルトリーフ」がお勧めです。南アフリカ原産のアイスプラントという植物で、葉や茎の表面には水滴のように見える水泡がビッシリ。プチッと弾ける食感が癖になります。その水泡に溜まった、根から吸い上げた塩分が自然でまろやかな味わいを演出しており、ドレッシングをかけてそのままサラダとして食べても美味しく、天ぷらや炒め物にも合います。

 今回のレシピのバーニャカウダーが簡単に準備できる「サラダバーボックス」もお勧めです。全国200軒以上の農家から届く旬野菜の中から、その時々に一番お勧めの野菜が9〜11種類詰め合わせで届きます。これは、少しずついろんな種類を食べたい時にもってこいですね。

「サラダバーの人気野菜をお届するおまかせセット」(右はイメージ写真)
3480円(税込・送料込)
真珠もろこし

 第4回のように男性にはバシッと肉も食べて欲しいのですが、たまには変わり野菜を使ったバーニャカウダーなどで、ヘルシーかつ楽しいベジライフにも手を伸ばしてみてください。次回は、ついにこの連載「男の料理 ビギナーズラック!」も最終回です。2週間後をお楽しみに。

*本記事の内容は11年1月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい
ラインナップ