ゲーテ 男の料理 ビギナーズ・ラック! - 連載

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男の料理 ビギナーズ・ラック!
男の料理 ビギナーズ・ラック!|Vol.05 「都会・ベジ」で女心をつかめる男になる

男の料理 ビギナーズ・ラック!|Vol.05 「都会・ベジ」で女心をつかめる男になる

最新食情報|女性をときめかせる3つのツボを押さえた野菜の店

最新食情報|女性をときめかせる3つのツボを押さえた野菜の店

 野菜好きとは言っても、女性は野菜なら何でも喜ぶという訳ではありません。ポイントは「新鮮な発見」「おしゃれ感」、そして「本物」。この3つが揃った時に、喜んで貰える確率が上がります。そこで、手軽にこの3つを得られる「都会ベジ系」の店の中でも、とりわけ女性に受けそうな2つのお店をご紹介します。意外と男性もはまるcoolなお店です。

その1|待ち合わせは「畑!」 “農家のこせがれ”が作るレストラン【六本木農園】|冬は東京タワーを眺めながら一席限定の「離れ・こたつROOM」で旬野菜を満喫
その1|待ち合わせは「畑!」“農家のこせがれ”が作るレストラン【六本木農園】|冬は東京タワーを眺めながら一席限定の「離れ・こたつROOM」で旬野菜を満喫

 六本木ヒルズを背に、大根がスクスク育っている畑があります。そこは、六本木駅30秒というすごい場所にある「隠れ家」ならぬ「隠れ畑」レストラン。その名も「六本木農園」ですが、ここのスタッフは、「実家は農家だけど、今は東京で働いている」という農家の子供(こせがれ)たち。農業を知る立場から、食材の美味しさや農業の魅力を伝えているお店なのです。
 生産者直送の旬野菜や豚肉など厳選素材を使った料理は、本来の美味しさを実感でき、男性も大満足なボリュームなのにヘルシー。誘ってもらえたら、女性がかなり喜ぶお店だと言えます。覚えておくと、友人との飲み会やバレンタインデートなど様々なシーンで使えますよ。

【六本木農園】
【六本木農園】

http://roppongi-nouen.jp/
東京都港区六本木6-6-15
TEL:03-3405-0684
営業時間 月〜水 18:00〜24:00、木〜金 18:00〜26:00 土日祝 12:00〜15:00/18:00〜23:00
定休日 不定休

【この冬は、限定1席の「お離れ・こたつROOM」をリザーブ】

 テラスの稲穂は、田園風景や郷愁を感じさせつつも、オシャレなアートのようにも見えます。またライトアップされた畑は、ショーケースに入ったオブジェのよう。「農業につきものの3Kイメージを払拭して、魅力を伝えたい」という思いがじかに伝わってくるほど店内はオシャレです。
 その中でこの冬一番のお勧めは、テラスに出現した離れ風「こたつROOM」(左)。一席しかありませんが、東京タワーを眺めながらこたつに入って鍋なんて乙ですよね。もう一つは、ビニールハウスのようになっているテラスのカウンター(中)。オープンキッチンの店内(右)とはまた違った雰囲気を味わえる、冬ならではの楽しみ方です。

【六本木農園】
【六本木農園】
【六本木農園】
【野菜の旨みと「みやじ豚」の甘みに舌鼓】

 六本木農園を十分に味わうには、コースがお勧めです。まずは「生野菜のウェルカムドリンク2品」と和風味噌ディップが旬野菜の甘みを引き出す「ウェルカムベジタブル」(左)。次の、違う味を3度味わえる「塩糀漬け みやじ豚のしゃぶしゃぶ」(右)は絶品! 最初はすりおろしたレンコン入り昆布汁で湯豆腐としていただきます。そして豚半分をしゃぶしゃぶに。最後は野菜と残りの豚を入れた鍋で。野菜等から染み出した旨みがスープに溶け込み、味の変化を楽しめます。特に、ジューシーな脂の甘みと、漬けこんだ塩糀で出た旨みのまろやかさが際立つ「みやじ豚」には皆さんも感動されると思います。
 このほか、「農園こだわりの三種のお惣菜」「せいこ蟹の炊き込み土鍋ご飯」「牡蠣とアオサすまし汁」にデザートがついて5800円という価格は、男性も大満足です。

【六本木農園】
【六本木農園】
【一人でチョイ飲み、個室デート、友人とテラス席など様々なシーンに】

 オープンキッチンの開放的な1Fとは違う顔を持つ、六本木農園の地下。世界的にも有名な左官職人の久住有生さんが手掛けた空間はそれ自体がアートのようです。昔の日本家屋を思い出させる藁や土を混ぜた壁に間接照明がシックに合い、落ち着いた雰囲気です。しっかりしたコンセプトがあるので、表情の違う空間の全てに統一感があります。六本木と農家という対極にあるものを見事に融合させたこの空間は、「懐かしさ」と「新しさ」という相反する要素をも融合させており、その居心地の良さにまた足を運びたくなるお店です。

【六本木農園】
【六本木農園】
【六本木農園】

■生産者と消費者を繋げる活動の一環として、生産者が農業の取り組みなどを発表する農家LIVEも好評。2月は以下の日程でライブを行う予定だそうです。
2月7日 レンコン3兄弟 宮本さん
2月15日 株式会社みやじ豚 宮治さん
2月18日 ジャンボなめこ 鈴木さん

■WebGOETHEの六本木農園の過去記事はこちら
https://goethe.nikkei.co.jp/gourmet/091112/

【六本木農園】左は園長の堀田幸作さん
ラインナップ