ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

ギリギリの投資・決断で得た今の成功

素人目線 松浦勝人の生き様
──僕の最大の投資──

ギリギリでいかないと勝負の意味がない

今までに、数え切れないほどの投資をしてきた。会社をやりたい、バーを始めたい、レストランを出したい。そんな相談をもらって、出資する。事業の内容や収益性というよりも、その人との人間関係のなかでお金を出しているので、正直なところ最初からリターンは期待していなかったし、実際ほとんどなかった。結局、僕の人生のなかで、もっとも成功した投資はエイベックスだった。エイベックスを始めた時、僕の記憶では資本金が160万円。それを4人で、40万円ずつ出してエイベックスを始めた。その40万円が、今では何千倍、何万倍かになっている。こんなに効率のいい投資は、普通はない。

そうなると、もうお金の心配なんかしなくてよいのではないかと思われるけど、そんなことはなくて、僕にもお金の不安がある。エイベックスのビジネスがうまくいかなくなったらどうしよう、家族ともども路頭に迷うことになったらどうしようと、いつも最悪のことばかりを考えてしまう。そういう不安が大きくなってくると、少しでも資産を増やそうと思って、株やFXに投資をすることもあった。

でも、これもトータルでは損をしている。株やFXをやると、経済のことに関心を持ち、勉強になるという面は確かにある。しかし、仕事に集中できなくなってしまう一面もある。会議をしていても、「今、売れば利益が確定できる」などと余計なことを考えてしまう。でも結局は目の前の仕事を優先してしまうので損をしている。エイベックスに投資をして得たお金を、人の会社に投資をして失っている。まったく愚かな話で、だから、もう株やFXはやめた。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=牧野武文 Photograph=有高唯之

*本記事の内容は17年11月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE2月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION