ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

本音と地域愛でつながる根岸氏と村井氏

相師相愛 vol.19
根岸 秋男×村井 満(WEBゲーテ特別版)

師匠か、恩師か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ「相師相愛」ともいえるふたりの姿をご紹介。第19回は、地域愛でつながった両人。

本音でぶつかる

  • (左)明治安田生命保険相互会社 取締役代表執行役社長 根岸 秋男
    1958年生まれ。早稲田大学理工学部卒。81年明治生命保険入社。滋賀支社長、企画部長、執行役営業企画部長、常務執行役などを経て2013年より現職。

    (右)Jリーグ チェアマン 村井 満
    1959年生まれ。早稲田大学法学部卒。83年リクルート入社。本社執行役員、リクルートエージェント社長、香港法人社長などを経て2014年より現職。

根岸 秋男が語る、村井 満

地域社会に貢献したいという想いから、Jリーグとパートナー契約を結びました。村井さんとはパートナー契約の記者会見で初めてお会いしましたが、とても誠実で、この人は本音で話せる人だなと思いましたね。明治安田生命が目指すのは、「人に一番やさしい生命保険会社」。単に看板をだすだけのパートナーになるつもりはありませんでした。私たちは地域に生かされている会社。従業員も家族もお客様も参加して、地域を元気にするパートナーシップを組みたかった。そんな異端の想いを受け止めてもらえる人だと思いましたし、実際そうでした。

チェアマンになられて3年。いろんな刺激を自分から受けに行って毎年、進化されていますよね。そうした姿は、私はとても好きです。もっといろんな話をたくさんしたい。

家族ぐるみのお付き合いになりましたが、気づけば妻たちだけで食事をすることもあるようです(笑)。来年はぜひ、海外リーグの試合観戦を一緒にしたいですね。

(これより、WEBゲーテ限定テキストです)

スポーツを観るのは、大好きなんです。私は理系ですが、スポーツには論理では決して割り切れない不思議な感動があります。普段から、いろいろなスポーツを観戦しますし、スポーツ全般が好きですね。観る専門なんですが(笑)。

そして村井さんがJリーグで今、進められているのは、デジタルの活用など、スポーツを科学しようという取り組みです。「情」から「理」へ、という動きですね。今までの常識を破っていかなければいけない仕事ですが、いろいろな挑戦は長期的な目で見た時、間違いなくJリーグの発展につながっていくと思います。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=上阪 徹 Photograph=太田隆生

*本記事の内容は17年12月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE2月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION