ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

己の才能を引き出すフェデラーの鉄則

己の才能を引き出す
弛まぬ努力、勝負の鉄則

プロ20年目、36歳。その数字だけ見ればとうに盛りを過ぎていてもおかしくない。だがロジャー・フェデラーは今も進化し、テニス界の頂点に立ち続けている。11年ぶりに来日した王者が、本誌の独占インタビューで自身の哲学を明かした。

プロテニスプレイヤー
ロジャー・フェデラー

不自然なほどの自然。王者に漂う偉大な風格

絹のように流麗なショットを生み出す魔法の手は、少し乾いてゴワッとした感触がした。みずみずしく張り詰めているのと違って、年輪を重ねた広葉樹の幹を思わせる大きな手だった。

フェデラーはインタビューの部屋にいる全員にすすんでその手を差し出し、横顔の撮影では「反対側のほうがお気に入りなんだけどな」と冗談を言って場を和ませた。11年ぶりの来日のわずかな時間。周囲の張り詰めた雰囲気とは対照的に、プールで遊ぶ少年のようにフェデラーだけはニコニコと笑みを絶やさないのだった。

偉大な選手に対するGOATという呼び名がある。Greatest of All Time。例えば、モハメド・アリやマイケル・ジョーダンのような存在である。フェデラーもそうだ。老若男女問わず憧れを抱き、世界中どのコートでも観客がホームの雰囲気で迎える。対戦相手も「ロジャーなら仕方がない」と甘んじてその状況を受け入れる。若く、血気盛んで、ラケットを叩きつけていたのはもう遠い昔。熱狂と尊敬のまなざしを飽きるほど浴びても決して傲慢にはならず、それがまた敬意を生む。不自然なほど自然な振る舞いがどうして彼にはできるのだろう。

「選手としてNo.1になろうというのはもちろんあるが、何よりも自分自身であろうとしている。新しい状況に適応していくことは大事。でも別にそれで自分自身が変わるわけではない」 

そうフェデラーは言った。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=雨宮圭吾 Photograph=淺田 創

*本記事の内容は17年11月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE2月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION