ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

ムートン&ダウンを上品に着こなす

ムートン&ダウンで
紳士の冬支度

冬の防寒アウターといって、まず思い浮かぶ素材がムートンとダウンである。双方とも申し分ない防寒性を備えているが、元は過酷な条件下のために開発された服。漫然と着ると、粗野で野暮ったく見えることもある。そんなムートン&ダウンを成熟した男が着る際、意識すべきは上品さと大人らしさだ。本誌推奨の選びと着こなし術で、温かくエレガントな冬を過ごしてほしい。

<MOUTON>


左:HERMÈS、右:BRUNELLO CUCINELLI

HERMÈS
遊び心と美意識が織りなす着るオブジェ

「オブジェのような服」をキーワードに、普遍的美を湛えた服を提案する2017-18年秋冬のエルメス。濃いボルドーに染めたムートンブルゾンは、羊毛を刈り込むことでケーブル模様を凹凸で表現。光の加減で立体的に浮き上がるさまは、中世の彫刻のように美しい。ブルゾン¥2,230,000、ニット¥204,000、パンツ¥101,000、グローブ¥135,000(すべてエルメス/エルメスジャポン TEL:03-3569-3300)

BRUNELLO CUCINELLI
ナチュラルトーンで着こなす極上ムートン

今季のトレンドカラー、キャメル色の撥水加工済みムートンを用いた直営モノブランドショップ限定コート。非常に軽量かつ無駄のないコンテンポラリーな雰囲気により、ジャケットもしくはニットに羽織ってもさまになる。着脱可能なフードが付属。コート¥1,100,000、ニット¥152,000、シャツ¥83,000、パンツ¥118,000(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン TEL:03-5276-8300)

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ)  Photograph=前田 晃[人物]、隈田一郎[静物] Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=YAS(M0)

*本記事の内容は17年11月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE2月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION