ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

前進・挑戦する男の資産「ダイヤモンド」

“人と才能を呼び込む”おいしい自己投資。
資産を身につける「ダイヤモンド」

  • 案内人
    ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズCEO
    Jason Arasheben
    1976年生まれ。大学で法律を学ぶ傍ら、オリジナルジュエリーの製作を開始。口コミで評判が高まり、セレブリティーのオーダージュエリーを作り始める。2002年にジュエリーブランド、ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズを立ち上げた。

ダイヤモンドを身につけることで、
"人とは違う自分"を表現できる。

男にとってダイヤモンドとはどういう対象であるべきか。ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズは、幾多の男性セレブリティーを顧客に持つ人気ジュエラー。男たちがダイヤモンドに惹かれる理由について、その創業者でデザイナーのジェイソン・アラシェベン氏は語る。

「人は美しいモノに対して、本能で心が動かされる生き物です。ダイヤモンドは心が一瞬で華やぐ宝石ですし、不動産やアート以外で残された資産のひとつでもあります。新車や家のように、"成功のレベル"を可視化してくれるものともいえますね。ダイヤモンドジュエリーは、日々の努力とその賜物である成功を思いださせ、自信を与えてくれるのです」 

しかし、男性が煌(きら)びやかなダイヤモンドジュエリーを身につけることに、多少なりとも抵抗があるのは事実だ。

「確かにダイヤモンドをつける行為が女性的であるとみなされた時期もありました。しかし、ここ10年間で環境はだいぶ変化してきた。特にカジュアルファッションにダイヤモンドジュエリーを合わせるスタイルは、以前よりかなり受け入れられるようになっています」 

ではビジネススタイルに、ダイヤモンドジュエリーを合わせることはできないのだろうか。

「スーツには明確なドレスコードが存在します。だからこそアクセサリーをつけることで、一律化しがちな人々の群れから一歩前に出ることができ、自分らしいスタイルを表現することができるでしょう」 

ダイヤモンドをつけることも、新しいビジネスに挑むことも、"変化やチャレンジを怖れない"という点では同じこと。ダイヤモンドは、自分を前進させてくれる魔石なのである。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=篠田哲生 Photograph=鈴木泰之

*本記事の内容は17年11月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE2月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION