ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

松浦勝人は日用品は高いものから選ぶ

素人目線 松浦勝人の生き様
──生活必需品の見つけ方──

日用品は高いものから
選んだほうが、時間を節約できる

日用品として毎日カバンに入れて出かけるものは、数種類の新聞。朝、社長室で読み比べるのが日課。

買い物に行く時間がほとんどとれない。移動の合間に、たまに家電量販店に寄る程度。結局、必要な買い物のほとんどはECサイトを使ってしまう。

いろいろなECサイトを使っているけど、最近はアマゾンフレッシュが面白いなと思って、いろいろ試しに買ってみている。フリーズドライのネギだとか、水だとか、お酒だとか、さらにはティッシュにトイレットペーパーといった日用品まで買っている。

僕には、ほとんどの日用品に、「これ」という指定がある。一度気に入ったものは、ずっと使い続ける。例えば、今飲んでいる水はあるメーカーの水素水。普通のペットボトルのミネラルウォーターよりは少し高いけど、ごく普通に売っているもの。初めて飲んだ時に、まったく雑味がない純粋な水を感じた。それが気に入って、もう何年もずっと飲んでいる。 

●●●●●●

最近は夜中に自宅のキッチンで、即席ラーメンを作って食べたりしている。そのためにアマゾンでフリーズドライのネギを買った。このラーメンにも僕のお気に入りがあって、そればかり食べている。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=牧野武文 Photograph=有高唯之

*本記事の内容は17年10月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE2月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION