ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

香辛料がクセになる沁馥園スペアリブ

The Killer Restaurant
東京チャイニーズの最新店「百華繚乱の個性派中華」
GINZA 沁馥園

東京の中華レストランは、まさに今、花盛り。個性豊かな新店のなかでもとりわけホットな2軒をご紹介! 今回は今年の7月に銀座にオープンした『GINZA 沁馥園』をご紹介する。

GINZA 沁馥園(GINZA Shin Fu En)
<中国料理/銀座>

スペアリブのスパイシー軟らか揚げ 毛沢東好み¥3,200。豚の肩肉を使ったスペアリブは見た目に反して、辛さは控えめ。唐辛子とフライドガーリック、数種のスパイスを使ったクセになる味わいだ。しっかりめの赤ワインと相性抜群!

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=小寺慶子 Photograph=上田佳代子

*本記事の内容は17年10月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE1月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION