ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

シャンパーニュ片手にハロウィンナイトを堪能。

ヴーヴ・クリコが贈る、大人の “イエローウィン“ パーティに潜入取材!

編集長ニホンヤナギの熱狂探訪(53)

~仕事が楽しければ、人生も愉しい!~


ヴーヴ・クリコと聞くと、あの特徴的なイエローラベルを思い起こす人も多いでしょう。10月26日(木)〜28日(土)の3日間、六本木に限定オープンしたのは、ヴーヴ・クリコのスペシャル・ポップアップ・ラウンジ。ブランドカラーであるイエローに彩られた会場で、大胆かつエレガントなハロウィンナイトを愉しんできました。


特設会場の外観。

毎年この時期に開催されるヴーヴ・クリコのハロウィン・イベント。今年のテーマは "シークレット・アーバン・フォレスト(魅惑の森)" でした。


Yelloween Dancersによる情熱的なステージ。

TAIKI&NOAH、マドモワゼル・ユリアによるDJパフォーマンスも。

3日間限定の本イベントのためだけに建てられたラウンジの中には、まるで深い森の中にいるような幻想的な空間が広がり、木々を抜けると、中央のステージには鳥かごが。ステージ上では、動物のコスチュームに身を包んだダンサーたちが、ポールダンスやバーレスクといった、魅惑的なショーを繰り広げ、DJのパフォーマンスも行われました。非現実的な雰囲気と、シャンパーニュの味わいが相まって、私はすっかりほろ酔いに。

一足先に行われたパーティでは、特別なフードメニューが振る舞われた。

会場では、フレンチの巨匠ジョエル・ロブションとコラボしたガストロノミーフードも堪能。最上級のメニューとシャンパーニュのマリアージュは格別です。特別な空間に、ここでしか味わえない美食と美酒、 "極上" を五感で体感できるひと時を過ごしました。

  • 二本柳陵介
    雑誌「ゲーテ」、ゴルフ雑誌「GREEN GORA」、会員誌「ACCORDIA」編集長。長谷部誠「心を整える。」(累計150万部)、桑田真澄「心の野球」など、書籍も担当。ツイッターとインスタグラムはyanaginihon。ゴルフに悪戦苦闘中。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

*本記事の内容は17年10月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)