ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

靴と鞄のお約束「色と素材で合わせる」

色と素材で合わせるのがお約束
見栄を張るなら靴&鞄! 色編

「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」という言葉をご存知だろうか。これは江戸時代、幕府に贅沢な素材や派手な色使いの服装を禁止され、茶、鼠、藍の3色しか許されなかった江戸庶民が編み出した、数百にも及ぶカラーバリエーションの総称だ。ベースは同じ色でも絶妙に色調やトーンを変え、柄を凝らす。そして半襟や襦袢(じゅばん)で差し色を効かせたり、帯と草履の鼻緒の色柄を合わせるといった着合わせの妙を駆使し、江戸っ子は盛んに洒落心を競い合っていたのだ。日本の"粋"を考察した名著『「いき」の構造』において、哲学者の九鬼周造(くきしゅうぞう)も、着物の「いきな色彩とは、まず灰色、褐色、青色の三系統のいずれかに属する」と、指摘している。つまり、そうした制約のなかで見栄を張り続け、創意工夫により自己と洒落心を主張した江戸っ子の心意気こそ、粋という日本の誇る類稀(たぐいまれ)な精神を育んだのである。

そんな江戸の粋は、現代の紳士のスタイルにも通じる。グレー、ネイビー、ブラウンは、近代メンズスタイルの基本色とされてきた。そして、禁止されてはいなくとも、成熟した男の装いに華美な色柄は合わせにくいからだ。そうした現代的な制約のなかで、見栄を張り、洒脱(しゃだつ)に差をつけるのに有効なのが靴と鞄である。「お洒落は足元から」という金言を生んだ靴。そして「相棒」と表現されるほど持ち主のパーソナリティーが表れる鞄。いわば装いの要であるそんな靴と鞄は、吟味した逸品で見栄を効かせるのに最適だが、目に付く存在ゆえ印象がバラバラだと野暮に見えてしまう。そこで江戸の着合わせに倣(なら)って、色や素材感を合わせてみる。すると装い全体に馴染みつつ、色や素材感がもつ主張性が際立ち、洒脱にまとまるのだ。そんな江戸っ子気質の創意工夫で、紳士の粋を体現してほしい。

RALPH LAUREN PURPLE LABEL

RALPH LAUREN PURPLE LABEL

長年履き込んだようなヴィンテージ調のレザーが、味わい深いこなれた雰囲気とラグジュアリーさを醸し出すイタリア製チャッカブーツ。ジーンズからジャケットスタイルまで幅広く合わせられる。クッション性に優れたクレープソールを採用し、長時間歩行も疲れにくい。ブーツ¥92,000、コート¥402,000、パンツ参考商品(すべてラルフ ローレン パープル レーベル/ラルフローレン フリーダイヤル:0120-3274-20)

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=谷田政史(CaNN)[人物]、隈田一郎[静物] Styling=久保コウヘイ、佐藤ユウイチ Hair & Make-up=MASAYUK(I The VOICE)

*本記事の内容は17年9月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)