ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

モス中村社長、秘書の負担を減らす策

男の闘志に火をつける凄腕秘書の必勝法
モスフードサービス
躍進を支える縁の下の力持ち

モスフードサービス│MOS FOOD SERVICE,INC.
ハンバーガーレストラン
躍進を支える縁の下の力持ち

COMPANY DATA
1972年7月設立。営業利益46億円(2017年3月期)。従業員数1335名。国内、海外含め店舗数1700店以上。フランチャイズチェーンによるハンバーガー専門店「モスバーガー」の全国展開や新しい飲食事業の開発も行う。


  • (中央)BOSS|代表取締役社長 中村栄輔
    1958年生まれ。中央大学卒業。88年入社。法務部長、社長室長、取締役開発本部長などを経て、2016年6月より現職。

    (左)秘書/社長室 秘書グループ グループリーダー 伊東 清
    1968年生まれ。92年入社。直営部、新規事業部、商品本部等を経て現職。栄輔氏の営業本部長時代、物流部門にて深く関わる。

    (右)秘書/社長室 秘書グループ シニアリーダー 岩﨑美知
    1968年生まれ。99年入社。人事部、国際本部等を経て現職。栄輔氏が社長就任前の出張時に同行はしたが、異動は青天の霹靂(へきれき)。

Ask me Anytime

野菜へのこだわり、顔の見える生産者......。日本のファストフードのイメージをがらりと変えたといえば、「モスバーガー」だろう。

食を通じて人を幸せにする。そんな経営理念を掲げるモスフードサービスを率いるのは中村栄輔社長。社員やキャスト、オーナーたちからは「栄輔さん」と親しみを込めてファーストネームで呼ばれる。

昨年6月に社長に就任するや否や、社長室のドアをガラス張りに変更し「見える化」した。室内を覗けば、社長の「今」を知らせる表示パネルが目に飛び込んでくる。「Ask me anytime」なら誰でも入室可。「Please don't disturb」なら入出不可。社内の風通しをよくするためだが、栄輔氏には「もうひとつ目的があった」と言う。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=上阪 徹 Photograph=西村裕介 Illustration=澁谷玲子

*本記事の内容は17年8月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)