ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

幻の野外レストラン「DINING OUT NISEKO with LEXUS」 への旅

知る人ぞ知る、プレミアムな地方創生

編集長ニホンヤナギの熱狂探訪(48) 

~仕事が楽しければ、人生も愉しい!~

6月後半、ニホンヤナギ編集長からのメール。
「プレミアムな野外レストランのイベント取材に行かない?」
ということで、今回はそのイベントを、編集長の代理で、イケガミが熱狂探訪。


日没間近の野外レストラン会場

7月23日(日)の昼、僕が降り立ったのは北海道・新千歳空港。真夏の北海道は豊かな自然と風で気持ちいい。今回向かったそのイベントは「DINING OUT」という。日本の地方のどこかで数日限定オープンするプレミアムな野外レストランにて、一流シェフが地元のスタッフとともに、その土地の食材を新しい感覚で切り取り、料理を提供するもの。2012年新潟県佐渡を皮切りに、大分県竹田、佐賀県有田、広島県尾道などで開催。食を通じて、地方に残された自然・文化・歴史・地産物等を再発掘・再編集して世の中に効果的に発信していく地方創生がコンセプトだ。

稜線が美しい姿を作り、蝦夷富士とも称される「羊蹄山」。6000年前まで噴火活動を繰り返していた。野外レストランの目の前に広がる。参加者たちにこの場所はサプライズだった。

新千歳空港から2時間弱クルマで移動した。第11回目となる今回の舞台は、初となる北海道で、夏のニセコ。冬のニセコは海外からも多くのツーリストがやってくる。しかし、夏のニセコ。確かに、訪れるべき何かがあるイメージが沸かない......。「DINING OUT」が何を仕掛けてくるのか、とても楽しみだった。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=池上雄太(ゲーテ編集部)

*本記事の内容は17年7月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE12月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION