ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

ハリル監督と松嶋シェフ 異業種対談

世界で戦うためのマネジメントの極意
日本人の優しすぎるメンタリティーが問題だ!

日本人は常によく働くし、練習も熱心。
でも、勝利への執着心が足りない

決戦の時は、近づいている。現在、ワールドカップアジア最終予選を戦っているサッカー日本代表。予選突破に向けギリギリの戦いが続いている。しかしチームを指揮するヴァヒド・ハリルホジッチ監督は、とても冷静だった。サッカーを愛し、サッカー界に友人が多い松嶋啓介シェフが、世界と戦うためのハリルホジッチ流マネジメント術に迫った──。

「進化のために、殻を破って
新しい場所へ飛び出していかなければならない」

松嶋 私は日本とフランスでレストランを経営していますが、両国でのスタッフに対するマネジメントは、まるで異なります。監督も同じような苦労をしているんじゃないですか?

ハリル 私はこれまでフランスやアルジェリア、コートジボワールなどで監督をしてきたけど、どこに行っても大切なのは、まずその国の文化、習慣、精神性を理解すること。全世界に共通するマネジメントは存在しない。日本に来る前に、カルロス・ゴーンの本を読んだけど、同じことが書いてあったね。

松嶋 日本代表をマネジメントするうえで、意識しているのはどんなことですか?

ハリル 勝つためのメンタリティーを植えつけることです。日本の文化では年長者を敬い、彼らに従う。でもそれはサッカーには必要ないこと。トラブルがあったらすぐに「すみません」と謝ることもサッカーのフィールドでは不要。そういった細かいことをひとつひとつ変えるところから始めているんだ。

松嶋 料理の世界でも技術を教えることより、メンタリティーを変えることのほうが難しい。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=川上康介 Photograph=川口賢典

*本記事の内容は17年7月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE12月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION