ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

釣りは多くの気づきあり DMM片桐氏

DMM.com片桐孝憲の偏愛コレクション
釣りもビジネスも失敗から得るものは皆無だ

リビングに飾られているのは、昨年2月にガイアナ共和国で釣ったタライロン。現地で自ら肉を取り、皮をはいで処理し、剥製に。鋭い牙を持つ姿は、アマゾンの怪魚ともいわれている。

自宅の水槽では、インドの雷魚の一種、チャンナアンフィビウスを育てている。かなり希少な魚なので、魚好きが訪れた時に自慢しているとか。

ゆえに、釣りは多くの気づきももたらすという。

「よく仕事では失敗から学ぶことが多いと言いますが、それは違う。最初から大物だけを狙って何の成果も得ないより、小さくてもいいから魚を釣ることのほうが、圧倒的に意味がある。正解を見つけるその経験を得られなければ、うまくなることはないんです。仕事も同じ。もちろん大きな挑戦も必要だけど、小さな成功を大事に続けていかないとそこにつながらないと思っています」

さらに、対する相手が自然ゆえ、場数を重ねても釣れないことのほうが確実に多いのが釣りの面白くもつらいところ。

「だからこそ、思いどおりにならない非力さを実感すれば、心も強くなる。仕事だって、うまくいくことばかりじゃないですからね。過度な期待をするのではなく、結果は必ずしも自分の思いどおりにはならないという心構えができるんです」

モノを手に入れるだけでなく、さまざまな経験を与えてくれる魚と対峙する時間を手に入れる、それが真の"釣りバカ"エグゼクティブの姿なのだ。

  • TAKANORI KATAGIRI
    1982年静岡県生まれ。2005年にウェブッテネットを起業(現・ピクシブ)。07年に開始したイラスト投稿サイト「pixiv」は、10年で全世界約2000万人のユーザーを持つサービスに成長。今年1月にDMM.comおよびDMM.comラボ代表取締役社長に就任した。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=牛丸由紀子 Photograph=吉場正和

*本記事の内容は17年5月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE12月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION