ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

イタリアが生み出した銘品、厳選27点

人生を楽しむ天才が生みだした
イタリア銘品図鑑

50ユーロ 住所:Officina Della Bistecca:Via XX Luglio,11Panzano in Chianti Firenze TEL:0039-055-852176 http://dariocecchini.com/

オッフィチーナ・デッラ・ビステッカ(Officina Della Bistecca)
ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ

イタリアは海に囲まれた国だが、根本的に肉食文化である。その粋ともいわれるのがフィレンツェ名物Tボーンステーキ、分厚い牛の炭火焼きだ。名店はいくつもあるが、最高峰とされるのが肉職人ダリオ・チェッキーニが営む店。「オニク、バンザイ」を合言葉に客が一斉に肉に取り組む。レアなのに甘みと旨みが満載の肉は噛むほどに恍惚の世界へと誘う。


パスティリエ・レオーネ ¥945(レオーネ/イータリー日本橋三越店 TEL:03-3527-9660)

レオーネ(Leone)
ラムネ菓子

ちょっと高級なカフェのレジ脇に必ず置いてあるレトロかわいいパッケージ。箱には「のどの渇きを癒やす」の文字。ミントかなと思いきや、口にしてみると微かなフルーツ味。見た目はラムネ、でも溶け具合が微妙に違う。これこそ日本にはないイタリアのお菓子だ。たまに限定パッケージがあり、最近では「ルパン三世」シリーズがファンの間で争奪戦に。


1.70ユーロ 住所:La Sfogliatella Mary:Via Toledo, 66 Napoli TEL:0039-081-402218

ラ・スフォリアテッラ・メアリー(La Sfogliatella Mary)
スフォリアテッラ

ナポリは実はお菓子天国、さまざまなご当地菓子がある。なかでも人気はスフォリアテッラ、極薄の生地が何層にも重なった貝のような姿のパイだ。ラードを使った生地は唇が切れそうなくらいパリパリ、中には熱々のクリームがたっぷり。これを齧(かじ)りながら街を歩けば気分はすっかりナポリ人である。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Direction=島田 明 Text=池田愛美、山内宏泰、竹石安宏 Cooperation=植 一浩 Illustration=チカツタケオ

*本記事の内容は16年11月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)