ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

ベイスターズを変えた“若造社長”

売れる空気のつくり方
野球を通して街を創造する、池田式マーケティング

MLBボストンレッドソックス「フェンウェイパーク」
NBAブルックリンネッツ「バークレイズセンター」

日に日に積み上げられる数字はさまざまな可能性を内包していた。混沌としたデータにどんな線を引いて整理していくべきか。クラスター化された顧客層のうち、戦略的にアプローチすべきはどの層か。そうした分析は、自身を「マーケティングとコミュニケーションを武器とする経営者」と評する池田にとって、難しい作業ではなかった。

「私が注目したのは、30~40代の働き盛りの男性層。調査の結果、彼らは野球観戦を楽しむだけでなく、でっかい居酒屋に行くような気分で、生の野球をつまみにビールと会話と雰囲気を楽しみに来ている、そんな顧客心理が見えてきました。そこで、こうした層を戦略ターゲットに定め、『アクティブ・サラリーマン』と命名しました」

イベントや音楽、映像など球場の雰囲気すべてをアクティブ・サラリーマンの好みに合わせてつくり替えていくと、彼らが連れてくる家族や恋人、友人へと輪が広がり、顧客基盤の厚みは増した。池田は言う。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=日比野恭三 Photograph=たかはしじゅんいち、坂田貴宏(P3、P9-10)

*本記事の内容は16年7月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE12月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION