ゲーテ 男の料理 ビギナーズ・ラック! - 連載

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男の料理 ビギナーズ・ラック!
男の料理 ビギナーズ・ラック!|Vol.03 今年来るのは、活力ある「知的肉食男性」

男の料理 ビギナーズ・ラック!|Vol.03 今年来るのは、活力ある「知的肉食男性」

 ここ2〜3年、「草食男子」という言葉がはやってましたよね。攻撃性がなく穏やかなのはいいとしても、単に覇気がないとか世の中に興味がないのだとしたら考えもの。一方、私は元はマーケッターだったので、最近世の中が「やっぱり男はエネルギッシュでなくちゃ」と思い始めているのを肌で感じています。そうじゃないと景気も回復しません。出井伸之さんも同じことを書かれていました。

 つまり、草食男子ブームは去年までのお話。今年はズバリ、肉食男性の時代です。東京都内にも八王子の「東京ミートレア」はじめ、肉のテーマパークが続々登場しています。男たるもの、野菜や魚の生命力を取り込むのは勿論のこと、やはり原始のパワーに通じる肉を食べることで、生命力を燃え立たせなければいけません。そうやって動物的感覚を甦らせてこそ、仕事にも熱く立ち向かえるというものです。実は私も何を隠そう肉食女子(笑)。もし、“最後の晩餐”で何を食べたいか聞かれたら、迷わず「トンカツ」と答えます。

 料理に関しても、「料理をするマメな男=草食男子」という見方はもう古く、私の教室の生徒さんを見ていても、今やほとんどが肉食系。多趣味で知的、活動的な人が多く、色々な趣味の中の一つとして料理もしているのだそうです。皆さんも今年は料理デビューを果たし、肉も食べて元気に行きましょう。そこで今回は超手軽な肉料理のレシピと、「とんでもなくすごい肉の店」の情報をお届けします。

YOKOさん YOKO|メンズ・キッチンスタイリスト

「食」×「マーケティング」の視点で男性の新キッチンスタイルを提案。“男子料理がみんなを笑顔にする”をコンセプトに、「メンズ・キッチン(男子料理教室)」と「パパズ・キッチン(パパ&子供の親子料理教室)」を主宰。初心者男子用のレシピの開発や、マーケティング経験を生かした「料理教室で男性社員の企業内研修」を実施。育メンや男性の料理イベントでも出張講師として活躍し、キッチンの似合う男子(=メンキチ)を増やしている。
【メンズキッチン】 
http://mens-kstyle.com/

レシピ編|圧力鍋要らず、炊飯ジャーを使って「とろとろラフティー」

レシピ編|圧力鍋要らず、炊飯ジャーを使って「とろとろラフティー」

 今回の「とろとろラフティー」(豚の角煮)は、前2回のチキンロールやつみれ汁より更に簡単で、目玉焼きが焼ける人ならまず作れます。手を動かす時間もたったの15分。一方、仕上がりは豪華で男性向きなのでまさに新年の料理デビューにうってつけ。家に圧力鍋がなくても、それと同じ原理の炊飯ジャーを使い、材料を入れてスイッチを押すだけで本格的な角煮が作れます(ジャーで煮る時間は機種により違いますが、およそ1時間30分程度です)。
 今回は沖縄のラフティーなので泡盛と黒糖を使いますが、それを日本酒と砂糖にすると和風の角煮になります。つまり一度作り方を覚えると、アレンジして複数のバージョンが作れるということ。残った角煮を細かく刻めばチャーハンやスープの具にもなりますよ。

作業はわずか15分。「切って、焼いて、スイッチON!」
【STEP1:下準備】

(1)生姜の皮をむき、スライスする。
(2)豚肉を5cm角に切る(写真A)。
(3)フライパンに肉を入れ、表面に焼き目をつける。
(4)キッチンペーパーで脂を丁寧に拭き取る。
《ワンポイント:これで余分な脂を20%以上カットできます》(写真B)
(5)茹で卵を作る。
《ワンポイント:お玉に乗せた卵を「熱湯」にそっと入れ、茹であがったら水で冷やすと、綺麗に殻がむけます!》

A B
【STEP2:煮込む】

(6)炊飯ジャーに水、(4)の肉、泡盛、ネギ(緑の部分)、生姜、昆布を入れてスイッチを入れる。(写真C)
(7)1時間くらい経ったらネギ、昆布、生姜を取りだして、黒糖、醤油、殻をむいた茹で卵を入れ、再度スイッチを入れて30分ほどで完成。
《ワンポイント:黒糖などを入れる際、水分が少なくなっていたら水を半カップほど足しましょう》(写真D)

C D
【STEP3:盛り付ける】

(8)飾り用の白髪ネギを作る(ネギの白い部分に縦に切れ目を入れ、中心の緑部分を取り除き、白い部分を平らに広げて細く千切りする)。(写真E)
(9)器に肉を盛り付けて、卵を半分にカットし、白髪ネギを乗せる。

※炊飯ジャーの機種によっては使えない物もありますので、ご確認の上、自己責任でお使いください。

E

材料

【とろとろラフティー】(4人分)

豚の三枚肉(バラ肉)……600g
泡盛……100ml
水……2.5カップ(500ml)
黒糖……大さじ4
醤油……大さじ4
昆布……1本(長め)
生姜……一片
長ネギ(白・緑部分)……それぞれ5cm

とろとろラフティー
ラインナップ