ゲーテ 男の料理 ビギナーズ・ラック! - 連載

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男の料理 ビギナーズ・ラック!
男の料理 ビギナーズ・ラック!|Vol.01 男を上げる ワンランクアップ家飲みパーティー術

男の料理 ビギナーズ・ラック!|Vol.01 男を上げる ワンランクアップ家飲みパーティー術

〈その2〉200 円からテイスティングできる蔵直ワインショップ【ヴィノスやまざき】|ワインは自分で味を確かめてから買う、贈る、そして少しだけストーリーを語る
〈その2〉200 円からテイスティングできる蔵直ワインショップ【ヴィノスやまざき】|ワインは自分で味を確かめてから買う、贈る、そして少しだけストーリーを語る

 パーティーの手土産、ワインなら無難だろうと思いがちですが、いざ選ぶとなると種類も好みも様々で、一筋縄ではいきません。しかし、「ヴィノスやまざき」なら少しの出費でテイスティングできるので、たとえ1000円のワインでも相手に喜んで貰うことができます。実際に店に足を運んで味を確かめたワインは、自分の言葉でストーリーを語れるので、説得力が出て素晴らしい手土産へとグレードアップするのです。

ヴィノスやまざき 【ヴィノスやまざき】

http://www.v-yamazaki.co.jp/
有楽町店:東京都千代田区有楽町2丁目7番1号(イトシアフードアベニュー地下1階)
営業時間11:00〜23:00
(他、渋谷、広尾等にも店舗があります)

 「ヴィノスやまざき」は10カ国の蔵元から直接買い付けた650種類のワインを最高のコンディションで保管し、いいワインを安く提供しているお店です。ワインは国別ではなく、味わい別に並んでいるのでわかりやすく、白ワイン=「青」、赤ワイン=「赤」、シャンパン=「緑」とラベルを色分けしているので、大量にワインがあっても探すのは簡単です。テイスティングはいつも10種類ほど用意されており、メニューに生産者、特徴、価格などが解説されています。ボトル価格の約1/10でテイスティングでき、多くは200〜800円程度なので、ギフト用の試飲だけでなく高いワインを買う前のチェックにも向いています。

ヴィノスやまざき
ヴィノスやまざき

 JR有楽町駅前という立地上、ビジネスパーソンも多く立ち寄る有楽町店は、特にテイスティングスペースが充実しています。スタンディングで飲むカウンターは海外のワイナリーのようで、レンガ壁を暗めのダウンライトが照らすテイスティングスペースの雰囲気は落ち着いたBARのようです。カウンターにはiPadもあるので、飲んでいるワインの情報を調べながら味わうことができます。

ヴィノスやまざき
ヴィノスやまざき

 そして、ワインだけでなくピンチョスにもこだわりが。メニューは、自由が丘のレストラン旬香亭のレバーペーストなど本格的です。大きめのピンチョスは、彼女用に小さくカットをお願いすることもできますし、ワインにピッタリのチーズ3種盛りも、ブルーチーズが苦手なら他のチーズに変えて貰えるなど、対応が細やかです。

ピンチョス
(ピンチョス左:スモークサーモン、中央:タコトマト煮、右:レバーペースト 各¥350)

 さて、ソムリエ氏によると、パーティーの手土産として外さない1本といえばズバリ「シャンパン!」だそうです。シャンパーニュ地方で作られた“本物”だけでなく、手頃なスパークリングワインにも良いものがあるといいます。確かに今年は「泡パー」が流行っているし、男女問わず人気があって華やかさのあるシャンパンは納得です。特にロゼのシャンパンは美しいので、パーティーも盛り上がりそうです。
 ちなみにワインで「この1本」を選ぶなら、女性のゲストが多い時にはやはり甘口のものがベストチョイスだそうです。ワイン好きの方への贈り物や、男性に「へえ〜」と思わせたいなら「赤で勝負」がキーワード。その時、そのお店にしかない限定ものがお勧めだそうですが、詳しくない人でもテイスティングしながら「こんな感じの味で、ワイン好きを唸らせる1本を選んで下さい」と相談すればいいので、意外に簡単。何だか私自身が通ってしまいそうです……。それではまた、2週間後にお会いしましょう。

YOKOさん|ピノノワール100%使用のロゼ・シャンパン (ピノノワール100%使用のロゼ・シャンパン  tasting ¥550/By the glass ¥1,150/Bottle ¥5,000)
YOKOさん|ソムリエ氏
*本記事の内容は10年11月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい
ラインナップ