ゲーテ リビング

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事を極めた者たちの究極空間! 人生を謳歌(おうか)する家 NIPPON Vol.01

仕事を極めた者たちの究極空間! 人生を謳歌(おうか)する家 NIPPON Vol.01

仕事を極められる人間は、ライフスタイルも極めている。その最たるものが、家だ。住む人間の「どうありたいか」が如実に表れる。今回訪れたのは息をのむほど贅を尽くした家や、強烈な個性が匂いたつ、およそ並みの人間の想像を遥かに超えた“作品”のような家だった。そして、彼らは仕事とは別の愉しみを、そこで思うさま得ている──。そう。まさに人生を謳歌しているのだ。いつかは住みたい夢の邸宅での暮らしを、これからご覧に入れよう。
アースホールディングス代表取締役 國分利治の長年の夢がかなった大人のビーチハウス
所在地:千葉県鴨川市 敷地面積:1908.81平方メートル  延床面積:734.41平方メートル 設計:アールテクニック 井手孝太郎 構造:鉄筋造+木造
大人のビーチハウス

5×12m、深さ120〜160cmのプール。プールサイドは熱くならないよう、厚さ5cmの大理石を敷き詰めた。

 昨年10月号で浜田山の自宅を撮影した際「鴨川の海が目の前に広がる約600坪の土地を買ったんです。そこに“大人のビーチハウス”を作ろうと思って」と別荘建設の夢を語っていたアースホールディングス代表取締役の國分利治氏。
 2013年7月、その言葉どおり、大人のビーチハウスが完成した。実はこの場所、國分氏が長年サーフィンに通っていた海が目の前なのだ。
 「外房にビーチハウスを持ちたいと、土地探しをしていた頃、ここが空き地なのは知っていました。でも当時は価格が高かったし、いずれマンションでも建つんだろうなあと。それが震災後に価格が下がったことで、よし買おう! と踏み切りました」
 イメージは海の家。
 「以前に雑誌で見た、アメリカ西海岸に建つ流木や古木で作られたサーファーの家が理想でしたが、なんせ予算オーバー。理想と予算を鑑みてたどりついたのが、この家なんです」
 社員が気兼ねなく使えるよう、家具や備品はあえて低価格でカジュアルなものを揃えた。
 「その代わり、遊ぶためのマストな設備はきっちり作りました。まずプール、ジェットバス、そしてバスケットコート」
 プールを中央に両サイドに2棟。そしてプールをバックにメイン棟という3棟を擁する大きなビーチハウスだ。
 「メイン棟の1階はDJブース、ビリヤード、ダーツ、そしてバーがあるパーティルーム。2階は役員が泊まれるVIPルームです。両サイドの棟には家族連れが泊まれる部屋が各1部屋ずつに、若いスタッフが雑魚寝できる合宿部屋。あとは麻雀ルームや遊び道具を収めている倉庫です。全国のEARTHのスタッフはフランチャイズのオーナーが同行すれば、ここを使えるシステム。家族が一緒でも知り合いが一緒でも構いません」

Toshiharu Kokubun

1958年、福島県生まれ。新宿の美容室からスタートし、30歳で独立後、葛飾区青砥にヘアサロンEARTHの1号店をオープン。フランチャイズシステムを採用し、現在はオーナー55名、店舗数221、スタッフ数約2800名という規模。http://hairmake-earth.com

吹き抜ける海風を感じながら、酒を飲み、音楽を聴き、ビリヤードやダーツに興じられる夢のようなスペース
「バスケットコートを作ったからには、バスケ部も発足しなきゃ」と、子供のように笑う國分氏

1.メイン棟の1階はさながらスポーツバーのよう。吹き抜ける海風を感じながら、酒を飲み、音楽を聴き、ビリヤードやダーツに興じられる夢のようなスペース。2.「バスケットコートを作ったからには、バスケ部も発足しなきゃ」と、子供のように笑う國分氏。

ラインナップ