ゲーテ ヒューマン

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「24時間仕事バカ!」の熱狂人生 韓国俳優 イ・ビョンホン Korean Actor 華々しく、だが着実に――なぜ、イ・ビョンホンは他の韓流スターとは一線を画す存在なのか

「24時間仕事バカ!」の熱狂人生 韓国俳優 イ・ビョンホン Korean Actor 華々しく、だが着実に――なぜ、イ・ビョンホンは他の韓流スターとは一線を画す存在なのか

主演映画『王になった男』(日本公開2月16日)が大ヒット。今、韓流スターからワールドスターへの地位を固めつつあるイ・ビョンホンに、ソウルで話を聞いた。

自身の演技を何度も確認する本誌の取材に最初に訪れた時のイ・ビョンホン本誌の取材に最初に訪れた時のイ・ビョンホン

『王になった男』の撮影中、自身の演技を何度も確認する(左)。本誌の取材に最初に訪れた時のイ・ビョンホン(中・右)。

 イ・ビョンホンに会ったのは2012年12月、取材日は韓国大統領選挙が行われた翌日だった。ブルース・ウィリスと共演したアクション映画『RED レッド2』のイギリスでの撮影を終えたばかりの彼は、スーツ姿で現れた。その鍛え上げた身体に、スーツがイヤというほど似合う。それでいて物腰は柔らかく紳士的。なんといっても心地よく響く低い声がいい。2月に日本公開の『王になった男』の主人公、李氏朝鮮の王・光海君(クァン ヘ グン)のキャスティングでは、王の威厳を感じさせるこの声が決め手のひとつだったと聞く。暗殺者に狙われる王と、その影武者である芸人ハソンの二役を演じたこの映画のおかげで、12月は多くの受賞ラッシュが続いていた。取材日の前々日も、その年最高の韓国人男性を選ぶA-Awardを受賞。その受賞スピーチでは翌日の大統領選への投票を呼びかけた。『王になった男』の韓国での記録的大ヒットを受けて、彼の言葉の説得力は絶大だ。

Lee Byung-hun

1970年ソウル生まれ。91年に俳優デビュー。『JSA』『甘い人生』『悪魔を見た』『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』『G.I.ジョー』など韓国内外の話題作に出演。現在2本のハリウッド映画が公開待機中の国際派スター。

ラインナップ