ゲーテ ヒューマン

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPECIAL INTERVIEW - 長渕 剛|頭でぐずぐず考える前に今いる環境を変えることが、人生でも仕事でも道を開く。

SPECIAL INTERVIEW - 長渕 剛|頭でぐずぐず考える前に今いる環境を変えることが、人生でも仕事でも道を開く。

過酷なトレーニングと徹底した食事コントロールを行うシンガー・ソングライター、長渕剛。なぜ、アスリートであるかのように自分に負荷をかけ、肉体を鍛え上げるのか?「デブは敗北だ!」という長渕が30代に体験した屈辱と音楽への情熱を語り尽くす。
長渕剛氏

 無駄な贅肉を拒否し、肉がそげてシャープな頬。着衣の上からでもわかる、パンパンに張った大胸筋や大腿筋。そんなアスリートのような長渕剛がこのインタビューで最初に発した言葉には、自分の耳を疑った。
 「この10年、オレ、欠かさず日誌をつけているんだ」
 長渕のパブリック・イメージからは几帳面に日誌を書く姿を想像できなかった。間近で向き合うと、するどい目は厳しさと同時に穏やかさも感じさせる。しかし、日誌をつけるキャラクターには見えない。
 「その日の出来事、食事内容、そしてトレーニングのメニューをね、毎日書きとめている。書くとは事実を自分に突きつける作業。オレには絶対に必要」
 その日にやると決めたことをやらないと、長渕は自分に我慢がならなくなる。
 「できなかった、クソッ!」
 悔しさを晴らすために、翌日は倍のトレーニングを行う。
 「日誌を書くと、その日の自分のほんの小さな弱さを見逃さずに済む。反省もする。取り戻そうとする。自分のケツは自分で拭いてケジメつけて生きていくという当たり前の覚悟が宿る」
 長渕の一日は、朝7時のストレッチで始まる。ベッドの上でおよそ20分、身体を入念にほぐして、本格的な筋力トレーニングに入る。懸垂、腹筋、背筋、広背筋を鍛えるラット・プル・ダウン、ロープ(縄跳び)……などを約2時間行い、ようやくその日最初の食事を摂る。炭水化物は1食80gだ。ジャケットのふところをまさぐり、ラップに包まれた小さめのおにぎりをひとつ見せてくれた。
 「自宅にいる日の食事は蒸し魚、生野菜のしぼり汁、ボウル1杯のサラダ。カロリーは少ないが量は多い。腹いっぱいになる」
 音楽活動は、午前のトレーニングと食事を終えてから始める。
 長渕は音楽を作り歌い演奏するアーティスト。アスリートが生業ではない。それなのに、なぜここまで身体を鍛え上げ、節制しなくてはいけないのか。
 デビューは1978年。大ヒット曲「順子」や「乾杯」を歌い始めた'80年代前半は、細身で、長髪で、ナイーブな青年のイメージだ。しかし、'90年代、2000年代にかけて格闘家のような筋肉を身に纏っていく。

ラインナップ