ゲーテ ヒューマン

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画界の天才クリエーター、クリストファー・ノーランが絶賛する、完璧な俳優|渡辺 謙|流れに身を任せる受動態ではなく、流れを受け入れる「器」を持つ

映画界の天才クリエーター、クリストファー・ノーランが絶賛する、完璧な俳優|渡辺 謙|流れに身を任せる受動態ではなく、流れを受け入れる「器」を持つ

今夏の洋画の話題を独占する、アクション・エンターテインメント大作『インセプション』。この作品でレオナルド・ディカプリオと共演する渡辺謙は、演技を始めて30年、世界をフィールドにするようになって10年を経て、今、自分自身のなかの“コア”、演技することの“コア”が少しずつ見えてきたと語る。その「核」とはいったい――。

ジャケット¥236,500、シャツ¥36,750、パンツ¥63,000、ベルト 参考商品(すべてサルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパン フリーダイヤル:0120-202-170)、腕時計¥932,400(カルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター フリーダイヤル:0120-301-757)

ハリウッド進出10年今見えてきた新しい境地

ハリウッド進出10年今見えてきた新しい境地

 「僕はケンとまた仕事をしたかったので、この役を彼のために描いたんだ。ケンはものすごくカリスマ性に溢れた俳優で、本当の意味での映画スターだよ。彼はどのシーンでも、どうすれば最高の演技ができるかを熟知している完璧なアクター。彼の演技を見ているだけで幸せになれる」――そうコメントするのは、興行において歴史的大成功をおさめ、また作品の質が批評家から絶賛された『ダークナイト』で、アメリカを代表する映画監督となったクリストファー・ノーラン。彼は『バットマン ビギンズ』で組んだ日本人俳優を再起用し、きわめて挑発的な作品を完成させた。それが『インセプション』である。
 出演7作目のアメリカ映画となる本作について、渡辺謙はこう語る。
 「撮影現場で積み重ねていったピースが、つながって完成した(映画の)全体を目の当たりにした時、躍動感、スピード感が明らかに違うので圧倒されましたね。作ってる時は、例えばトンネルを掘ったり、そこで走らせるトロッコをコツコツ製造しているようなものだから。でも、実際は“そこ”をものすごい速さで疾走していく。スクリーンを見ている時は、もう口があんぐりでした(笑)」
 『インセプション』は未知の映像体験である。物語を要約したり、見所を紹介したりすることはほとんど意味をなさない。だからこそ真に革命的な作品でもある。
 「クリス(監督の愛称)が言っていて、まったくそのとおりだなと思ったんですね。大袈裟じゃなく、今エンターテインメントの在り様みたいなものが問われている。あまりにも情報を観客に渡しすぎちゃって、ロールプレイングゲームのガイドブックをなぞっていくような鑑賞スタイルが多い。そうではない、未知の扉を開いて、違う世界にスイッチしていく感覚を観客に持ってほしいんです。観てしまった人は、まだ観てない人に説明したくなくて、『まあ、観たら?』と言いたくなる映画なんじゃないかな(笑)。ある種、(観る側が)既存のシチュエーションを破壊する作業を、360度方向にわたって繰り広げるようなものだから」
 そう、知的快感レベルを根源的にバージョンアップしていくような世界がこの映画にはある。だが言葉を費やせば費やすほど、本質からは遠ざかる。だから「説明」は慎もう。

ラインナップ