ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

ゴルフ編集長、出動!

北海道でゴルフ尽くしの3日間

編集長ニホンヤナギの熱狂探訪(50) 

~仕事が楽しければ、人生も愉しい!~

全米プロ帰りの小平選手は決勝で惜しくも敗れる。

8月18日、北海道の恵庭カントリー倶楽部で行われていた、「日本マッチプレー選手権 レクサス杯」を観戦&(無謀にも)プロアマに、「ゲーテ」とゴルフ雑誌「グリーン・ゴーラ」編集長として、参加してきました。この大会は、「ネスレ日本」がグローバルな活躍を目指す日本の男子プロゴルファーを支援することを大会意義としています。

レクサスさんから、「2人、連れてきていいよ!」ということで、サングラスブランド「Eyevol」が好調なオプテックジャパンの山本社長と、ファッションブランド「junhashimoto」のデザイナー橋本さんを招待。クルマとゴルフが大好きなお二人です。

ゴルフバッグだけなら4つは入ります。

観光客で賑わう新千歳空港に降り立つと、レクサスのスタッフがお待ちかね。鍵を借り、ゴルフバッグを3つ積み込んで、最新のRX 450hへ乗り込みました。
「ゴルフバッグ3つ入るのはいいですね」
 と山本社長。スーツケースなども積んでいたので、かなりの収納力!





運転していて感じたのが、インテリアの質感の高さ。
 そして、とても静かだということでした。

また、後ろに乗っていた身体の大きい橋本さんも
「後ろのシート、リクライニングしますね。快適っす」とコメント。

その晩は、他メディアとレクサスの皆様と懇親会ディナーでレンガ館の「LA BRIQUE」でフレンチをいただきました。

​RX 450h Version L 価格7,025,000円~(税込み、メーカー希望小売価格)

翌日、8月19日は9時半にホテルを出て、プロアマが開催される「ザ・ノースカントリーゴルフクラブ」へ。

朝食を食べながら、担当プロと顔を合わせ、そのあとは練習場にてレッスン。私たちについてくださったのは、福岡出身で2014年の賞金王、小田孔明選手でした。

​お話も面白い小田プロと記念撮影。

私はグリーン回りの2,30ヤードについて聞きたいことがあり、アドバイスをもらい、いざラウンドへ。チームで12アンダー以上とると「スコッティ・キャメロン」のパターなど、豪華賞品が用意されているということで、みんなで一致団結。大いに盛り上がりました。


​最終ホールにて。

小田プロも、素晴らしいホスピタリティ。とあるイーグルをとりたいロングホールでは、なんと直ドラで2オンという離れ業を見せてくださるなど、楽しく有意義なラウンドでした。わたしもイーグルパットを沈めるなど、少しは貢献できたかな、と思いながらも、、、

結果は11アンダー。あと1打足りず。。無念。

その日は、札幌に戻り、鮨「棗 別邸」にて海鮮を堪能。

8月20日はホテルで朝食を食べて、「恵庭カントリー倶楽部」へ。

試合はいよいよ準決勝。これを勝って、同日午後に決勝があります。つまり勝ったプロは、1日2ラウンド闘うわけです。そして、決勝に進んだのは、全米プロ帰りの小平智プロと、藤本佳則プロでした。27歳の同級生対決。この大会は優勝すると1億円という規格外の賞金が手に入ります。

わたしはこの決勝を2人について生観戦。

​決勝は次の組がいないので、選手の後ろを歩いて追えるマッチプレイの醍醐味のひとつ。

ドライバーの飛距離は藤本プロ、アプローチは小平プロが少し優位だったように感じましたが、試合は2UPで藤本プロの勝利。小平プロ、パットが惜しかった。全米帰りで体力的にも厳しかったそうで、「完全に疲れました。腰が限界でした」とコメントしていたのが、印象的でした。

お前と比べるな、という話ですが、プロアマでも感じましたが、やはりゴルフはパターです。パターイズマネーですね。。。

自宅でパターマット引いて、練習します、、、

​パブリックビューイングで観戦することもできました。

男子ゴルフは今、松山英樹の快進撃で注目を浴びていますが、第二、第三の世界的プレイヤーを輩出することが、人気の継続に必要なことだと思います。小平選手と藤本選手、この二人の27歳をはじめとするポテンシャルをもった若手男子プロ選手に今後も注目し続けたいです。

  • 二本柳陵介
    雑誌「ゲーテ」、ゴルフ雑誌「GREEN GORA」、会員誌「ACCORDIA」編集長。長谷部誠「心を整える。」(累計150万部)、桑田真澄「心の野球」など、書籍も担当。ツイッターとインスタグラムはyanaginihon。ゴルフに悪戦苦闘中。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

*本記事の内容は17年7月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)