ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

軽井沢にあるネットワーキングの家

建築とワインで人と人をつなぐ軽井沢の家
外資系投資会社代表取締役社長 Y邸

リビングの壁面は南北両面がガラス張りになっており、庭の緑が目に飛び込んでくる。テラスの手すりは意図的に幅広く設計し、そこにボトルやグラスを置ける。

玄関ホール脇に設けられたワインカーヴ。「ワインは会話を弾ませる潤滑油」との考え方から、収納本数よりも、それぞれのワインのエチケットがよく見え、銘柄がしっかりわかるようにディスプレイ。

軽井沢だからこそできる
ネットワーキングの拠点

駅からクルマで5分。軽井沢の一等地に瀟洒(しょうしゃ)な外観で佇むのがY邸だ。前面の小路からも望めるリビングスペースは上階に持ち上げられており、向かい合う壁面がともにガラス張りなので、その向こう側に広がる庭の樹々までよく見える。下階は吹き放しのピロティで、そこに建物があるというのに風が自由に通り抜けていく。その場に溶け込むとはまさにこのこと、なんと軽やかな建築であることか。

ピロティの上に柱のない空間を設けるこの様式を見て、近代建築の巨匠、ル・コルビュジエの手法を思い浮かべた人がいたら、正解である。この別荘は坂倉建築研究所が手がけたもの。同所創立者の坂倉準三は、言わずと知れたル・コルビュジエの弟子筋にあたる。

「建築に以前から興味があり、コルビュジエが好きだったこともあって、ぜひにと坂倉建築研究所に設計をお願いしました」

と、オーナーのY氏は言う。外資系投資ファンド代表取締役として都心にオフィスを持ち、東京では世田谷に暮らす。地元の駅ビルも、実は坂倉建築研究所の手によるもので、不思議な縁を感じている。

Y氏のライフスタイルは多拠点居住で、東京、軽井沢に加えてハワイにも住居を持つ。

「ただしハワイは4月と12月にしか使っていません。フルマラソンに出場するための拠点です。アクティビティーのための場というわけですね」

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=山内宏泰 Photograph=高島 慶(Nacása & Partners)

*本記事の内容は17年7月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)