ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

ムロツヨシ カッコ悪い捨て身の営業

滝川クリステル いま、一番気になる仕事
喜劇役者 ムロツヨシ

ムロ 柴咲コウさんに「今日、滝川クリステルさんと対談なんだ」って話したら「えー何、また文化人っぽく撮ってもらうんだ(笑)」って、いたずらっぽい顔で軽くディスられました(笑)。

滝川 そういえばコウさん、ムロさんのつくる「ムロ鍋」が美味しいって言ってましたよ。

ムロ 大河のメンバー、よくうちに来てくれるんです。寂しがり屋だから、しょっちゅう人を呼んでいるんですよ。

滝川 シリアスな役柄もこなされていますが『俳優』ではなく『喜劇役者』なんですね。

ムロ 4年くらい前から、自ら率先してそう名乗るようになりました。自分で言う人、いないですよね(笑)。「笑わせる役者じゃありません、喜んで劇をする役者なんです」と言って、ハードル下げてるんですけど。

滝川 私が初めてムロさんを知ったのは『しゃべくり007』なんです。芸人さんのなかでずっとひとりで喋っていて、みんな大笑いしていて。「この人、何者なんだ?」って。

ムロ 緊張すると喋っちゃうんです。間(ま)が怖くて。

滝川 芸人を目指そうと思ったことはないんですか?

ムロ ないです。芸人さんには憧れもリスペクトもあるんですが。でも役者はなりたいとも、なれるとも思ったんですよね。

滝川 19歳の時に東京理科大学を中退して、演劇の世界に入られたと聞いています。

ムロ 10代の頃は特に目的もなく、ただ偏差値の高い大学を目指したんです。4歳の時に両親がいなくなって親戚に育ててもらったので、「育ててよかった」と思ってもらいたくて。親戚は皆自営や職人で、大学行ったの、おそらく僕が初めてでした。でも志ある同級生と出会い「自分が本当にやりたいこと」を考えるようになり......。それと、うちは優しい家庭だったんですけど、成功した人に対して「運がよかった」「境遇に恵まれていた」とまとめてしまう傾向があったんですね。僕はそれがちょっと嫌で。運や境遇に関係なく、自分で好きな仕事を選んで自由に生きたかった。その頃、深津絵里さん見たさで行った舞台で、段田安則さんの演技を見て「自分もあちら側に行きたい」と思ったのがきっかけです。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=藤崎美穂  Photograph=Ryugo Saito  Styling=吉永 希、森川雅代(ムロさん)  Hair & Make-up=野田智子、池田真希(ムロさん)

*本記事の内容は17年7月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)