ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

15本から3本へ断捨離。選ばれた時計

世界で活躍する企業家のマジカルストーリー
12本を断捨離して残った3本の意味

どんなにたくさん時計を持っていても結局つける時計は数本だ。15本から3本へ、自身が持つ時計コレクションを断捨離した男が最後に選んだのは?

  • サイバーセキュリティー企業 代表取締役社長
    足立照嘉(TERUYOSHI ADACHI)
    大学院在学中にサイバーセキュリティーの会社を起業。現在、30カ国以上で展開。豊富な経験をもとに『サイバー犯罪入門(仮)』(幻冬舎新書)を鋭意執筆中。

左:HUBLOT(アエロ・バンオールブラック ブラックダイヤモンド)
中:PATEK PHILIPPE(カラトラバ 5196)
右:PATEK PHILIPPE(アクア・ノート トラベルタイム5164A)

HUBLOT
アエロ・バンオールブラック ブラックダイヤモンド

シックな雰囲気のパテック フィリップの2本に比べ、存在感抜群の1本。「ウブロの時計は特別。今までも何本か買ってきましたが、他のブランドの時計とは違う魅力があります。ウブロをつけると自分のなかでスイッチが入る感覚になるんです」。ちなみに足立さんが読んだジャン-クロード・ビバーさんの本は、『成功者はなぜウブロの時計に惹かれるのか』(幻冬舎)。

PATEK PHILIPPE
カラトラバ 5196

シンプルかつ上品なデザインながら、見れば見るほど完成度の高さを感じる。「カラトラバ」は、名門パテック フィリップを代表する永遠の名品と言っていいだろう。足立さんも断捨離の際、この時計だけは絶対に手放せないと思ったという。「仕事でつける時計の条件は目立たず薄型であること。『カラトラバ』はその条件を満たしつつ上品さを醸し出してくれます」

PATEK PHILIPPE
アクア・ノート トラベルタイム5164A

一見無骨なデザインながら、どこかモダンでエレガントな雰囲気も漂う。「アクアノート」は「ノーチラス」と並ぶパテック フィリップを代表するスポーツモデル。「ビジネスでも遊びのシーンでもシチュエーションを選ばず使えるのが『アクアノート』。変に目立ったりしないので気に入っています。デュアルタイム表示なので、海外出張の時にもすごく便利です」

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=川上康介 Photograph=星 武志(estrellas)

*本記事の内容は17年6月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)