ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

ハワイでうまい鮨が食べたくなったら

日本では味わえないすしがある
ハワイSUSHI最前線

Fever 3:
ハワイのすしのパイオニア
その貫禄のもてなしと味

鮨 銀座おのでら(Sushi Ginza Onodera)

銀座本店がオープンした半年後、2013年11月にホノルル店が始動。現在はすしだけで、世界中に6店舗を構える。

職人は料理長を含めて2名。カウンター7席、7席の個室と4席の個室も。

いらっしゃいませ――の声に迎えられて店内へ。ここがハワイであることを忘れるほどの、生粋(きっすい)の江戸前ずしに出会える店だ。

「鮨 銀座おのでら」は"銀座から世界へ"をコンセプトに、銀座本店で修業を積んだ職人たちが、カウンター越しに生き生きと動く。ハワイに最初に築地の本マグロを卸したのもこの店。

「ハワイには生で食べられるキハダやメバチマグロもありますが、やはり本マグロを食べたいというお客様も多いのです」

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=今井 恵 Photograph=熊谷 晃、Kuni Nakai、石丸智仁、Keiko Brand

*本記事の内容は17年6月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)