ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

大人たるものの、デニムの着こなし

上品にリラックスする
インディゴブルーへの誘(いざな)いPart.1

 INDIGO JACKET
上品に仕立てるインディゴジャケット

夏をリラックスして過ごすのにカットソーやショーツといった解放感のあるアイテムは不可欠だが、子供っぽく見えがちだ。しかしデニムやシャンブレーのジャケットを羽織れば、解放感はそのままに、装いを上品にまとめられる。逆にタイドアップはリラックス感も加えられるなど、1着で幅広く重宝する。

左:DUNHILL、右:BERLUTI

DUNHILL

芯地類不使用のアンコン仕立てと薄手のデニムにより、軽やかな着心地が味わえる1着。同素材の3ピースセットアップでオン・オフに重宝。ジャケット¥164,000、ベスト¥58,000、パンツ¥40,000[すべて限定店舗展開]、シャツ¥31,000、タイ¥18,000、チーフ¥12,000、ベルト¥40,000(すべてダンヒル TEL:03-4335-1755)、眼鏡¥83,000(ダンヒル/デリーゴジャパン TEL:03-6661-9266)

BERLUTI

肌ざわりがよく絶妙な光沢が美しいリネンコットンデニムのジャケットは、3パッチポケットで幅広く着こなせる。ジャケット¥295,000、Tシャツ¥53,500、パンツ¥86,500(すべてベルルッティ/ベルルッティ・インフォメーション・デスク フリーダイヤル:0120-203-718)

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=前田 晃(人物)、隈田一郎(静物) Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=YAS(MØ)

*本記事の内容は17年6月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)