ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

編集長、晩餐会に酔いしれる

KRUG SUITE by SHANGRI-LA HOTEL , TOKYO
世界のトップスイートで、新感覚のペアリングディナー

編集長ニホンヤナギの熱狂探訪(40) 

~仕事が楽しければ、人生も愉しい!~

東京駅に隣接する5つ星ホテル、シャングリ・ラ ホテル 東京に、贅を極めた1泊2日の宿泊プランが誕生したということでお披露目会に伺いました!

シャンパーニュ・メゾン - クリュッグとの強力タッグというプランです。先日は、沖縄で「リッツ・カールトン」と「マセラティ」の宿泊プランをゲーテで取材したのですが、「ホテル」と「ブランド」のコラボレーションは、今後も注目のコンテンツになっていきますね。

ディナーを食すその場所は、まさに"晩餐会"という言葉が似合う天井高6m、269㎡の広さのシャングリ・ラ ホテル 東京が誇る、プレジデンシャルスイート。2010年に「エリート トラベラー」誌による「世界のトップ101スイート」にも選ばれただけあって、造りやインテリアなど、細部にいたるまで、素晴らしいセンスです。

しかも、今回特別にクリュッグ家のファミリーハウスにインスピレーションを得て、デコレーションが施された空間に仕立てられたんだとか。

そして、東京駅を眼下に丸の内のビル群から皇居、新宿方面までの景色を眺めることができる大きな窓から、美しい夕日を眺めながらディナーが幕を明ける。クリュッグのブランドアンバサダーが、料理に合わせて4種類のシャンパーニュを厳選したペアリングディナーに舌鼓。さらに驚きの演出が、人生初体験の「ミュージックペアリング」!クリュッグが、シャンパーニュの個性にインスパイアされた特別なプレイリストを作成。というのも、聴覚が味覚体験を大きく左右することが、オックスフォード大学クロスモーダル研究所のチャールズ・スペンスとジャニス・チン・ワンによる研究など、多くの研究で認められていることから生まれたアイデアらしい。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

*本記事の内容は17年6月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)