ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

ジェッツ島田氏とレバンガ折茂氏は酒友

相師相愛 vol.13
折茂 武彦×島田 慎二(WEBゲーテ特別版)

折茂 島田さんについて印象深いのは、ジェッツとの試合を観にきた妻の言葉です。試合会場で誰よりも動いているのは、経営者の島田さんだよ、と。経営者はああじゃなきゃダメだ、と。

島田 いやもう必死でしたから。

折茂 ただ、チームは最初、大変でしたよね。弱すぎて試合にならなくて。それが今や観客動員ナンバーワン。チケットは取れないし、スタンドはチームカラーの赤に染まる。数年で、よくぞここまで、です。本当に。

島田 4年前の天皇杯の後でしたよね、お話ししたいとお誘いしたのは。飲みに行って、日本のバスケはこのままじゃいけない、と熱い思いをお聞きして。

折茂 僕は頭のいい方だな、と思いました。腰もとても低いし(笑)。いろいろ話してみて、この人になら、どんな話でもできる、と思いました。

島田 それから、ホーム&アウェーで飲むようになって(笑)。

折茂 試合に行くたびに夜、飲んでますよね(笑)。

島田 さすがに試合の前だと申し訳ないなぁと思っていたんですが、遅くまで飲んでも顔色ひとつ変わらないし、シュートも外さない(笑)。これで思い切り誘いやすくなりました。

折茂 僕は憧れの選手もいなかったし、誰かに学ぶ、ということにはまったく興味がなかったんですが、島田さんは違う。本当に勉強になるんですよ。やることは早いし、アイデアは大胆だし、有言実行の人だし。

島田 こちらこそレジェンドに大いなる刺激をもらっています。

折茂 リーグの会合でも、言いたいことをガンガン言っていると早くから聞いていました。こういう人がいないと、日本のバスケはよくなっていかない。

島田 自分のチームが、という以上に、Bリーグ全体をもっともっとよくしたいんですよね。

折茂 チームとしては敵ですけど、そういう意識、お互いにまったくないですものね。あ、コートの中では別ですよ(笑)。

島田 いえいえ、ベンチにゆったり座っててください(笑)。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=上阪 徹 Photograph=西村裕介

*本記事の内容は17年6月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)