ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

第一回:最先端モデルが面白い

第一回:最先端モデルが面白い

新しいブランド、
注目するなら?

MIDO「マルチフォート エスケープ ホーウィン エディション」

池上 ミドー。面白くなりそうですね。

二本柳 スウォッチグループの一員だから、品質面の心配もない。今後どういう形で広がっていくのか楽しみ。

池上 10万円台という価格帯も悪くないですよね。

篠田 80時間パワーリザーブのムーブメントを入れたり、アメリカのレザー会社ホーウィンとのコラボウオッチ「マルチフォート エスケープ ホーウィン エディション」を作ったりと、記事にしやすいネタも豊富だしね。

プライベート潜水艦の会社「サブ アビエーター システムズ」とパートナーシップを組んでいるクレール

池上 クレールも気になってるんです。

篠田 「ハイドロスカフ セントラル・クロノグラフ スモールセコンド」というモダンダイバーズが一番人気。プライベート潜水艦の会社「サブ アビエーター システムズ」とパートナーシップを組んでいるのも面白い。

二本柳 なるほど。格好いいよね。でもこのジャンルは強力なライバルが多いんだよなー。

篠田 複雑なケース構造は一見の価値アリ。でも個人的にはパリのオペラ座前にあった宝飾店がルーツっていう話がツボ。フランス語圏のブランド、ドイツ語圏のブランド、山の方のブランドって、それぞれに個性が違う。ベル&ロスなんて、やっぱりパリのブランドだなって感じするでしょ。それと同じだよね。クレールにもパリの洒脱さがある。

池上 じゃあファッション好きにはいいかも。

二本柳 そうね、新しいブランドを探している人にお薦めかな。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=篠田哲生

*本記事の内容は17年5月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)