ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

高橋克典の肉体も改造!吉江メソッド

著名人たちが密かに通う!
カリスマパーソナルトレーナーが辿り着いた、
カラダづくりの真実。

時には自ら実験台となり、メソッドの効果を検証


5年前、最新のジャングルジム・メソッドの効果を検証すべく、自ら実験台となった吉江。この真摯な姿勢も、顧客から信頼される理由のひとつ。
before
運動をやめ、飲んで食べて体重102kgに。「太っているとどんなに不自由かを実感(苦笑)」

After
メソッドを実践してから1カ月で体重がぐんと落ち、4カ月でこれほどのカラダに。

理論に基づいた運動で
肉体が変わるのを実感

カラダを温め、運動をし、腸内環境を整えれば、人生は180度変わる。吉江がそういい切るのは、実体験に基づいているからだ。

「このメソッドを実証するために、不摂生を重ね、運動をやめ、体重をいっきに増やしました。それで血液検査をしたところ、当然ですが結果は最悪(笑)。頭も働かなければ、気力も湧かないし......。そんな状態で、このメソッドを実践したら、4カ月でみるみるカラダが変わり、血液検査もすべて正常に。もちろん気持ちも変わりましたよ。ポジティブになって、やる気がみなぎって。それで、『人間を健康にするには、この方法しかない!』と確信したんです」

時には自らを実験台にして健康を追究する吉江だが、カラダづくりに興味を抱くようになったのは30 年前にさかのぼる。

「当時アイスホッケーの選手だったんですが、細くて、華奢(きゃしゃ)で。カラダを大きくするために、最先端のマシンを備えたジムでトレーニングを受けることになったのがきっかけでした。まだ、うさぎ跳びが推奨され、運動中に水を飲むのは厳禁という時代です。だから、ものすごい衝撃を受けました。スポーツ科学や運動生理学に基づいた正しいトレーニングをすれば、こんなにもカラダは変わるのかと」

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=村上早苗 Photograph=古谷利幸 Illustration=林田秀一

*本記事の内容は17年4月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)