ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

青柳翔の体づくりと役づくりとは

青柳 翔がアクションと
トレーニングで極める役者道

役者ほど、肉体改造を求められる仕事はない。俳優・青柳 翔はそのカラダを常に役にゆだね作り替える。観る者にどうリアリティーを感じさせるか、葛藤し鍛練するなかで極められる道とは。

Sho Aoyagi
1985年北海道生まれ。2009年舞台で俳優デビュー。同年、劇団EXILEのメンバーに。以後映画『渾身 KON-SHIN』『東京難民』『極道大戦争』などさまざまな作品に出演。16年には「Maria」で歌手デビューを果たす。映画最新主演作に『たたら侍』がある。パーカー¥264,000(ラルフ ローレン パープル レーベル/ラルフ ローレン フリーダイヤル:0120-3274-20)

感情の揺れをカラダ全体で表現する

劇団EXILEの俳優・青柳 翔氏には、無骨な男の役がよく似合う。例えば初主演連続ドラマ『ろくでなしBLUES』。主人公のチャーミングな笑顔と男気溢(あふ)れる不良っぷりで観るものをくぎづけにした。2013年に主演した映画『渾身KON-SHIN』では、島根・隠岐(おき)の島の古典相撲に打ち込む若者を体当たりで演じた。また最近ではLDHのスターが大挙出演したエンタテインメント『HiGH&LOW』シリーズで九十九(つくも)というキャラクターを熱演。狂気スレスレの存在感と激しいアクションで、映画ファンに鮮烈な印象を残している。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=大谷隆之 Photograph=片桐史郎(TROLLEY) Styling=松川 総(TRON) Hair & Make-up=石上三四郎(SUN) Cooperation=BATHCLIN

*本記事の内容は17年4月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE8月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION