ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

ラグジュアリーな断食体験でスッキリ

2泊3日のファスティング体験
忙しい人こそ都心でラグジュアリー断食

食べすぎないように脳をトレーニング

ホテル並みの施設で最高のサービスを受けられる断食サロン「GREEN」。企業経営者や政治家なども通うというこの隠れ家で2泊3日の断食に挑戦した。

「最短の期間でカラダを素の状態にするのが断食です。食欲が刺激されないように、音や色など五感へのアプローチを考えて室内を設(しつら)えています。そして、とにかくぐっすり寝ていただくことで、カラダの緊張を解き、排毒を促し、食べても太らないカラダを目指します」と語るのはセラピストの代田結子(しろたゆうこ)さん。中医学や整体などを学び、たどりついたのが、この断食メソッド。高層レジデンスの一室にあるサロンの窓からは、美しい夜景を眺められる。白を基調としたインテリアもシックで快適。プライベート感も抜群だ。 

GREENでは、代田先生とマンツーマンで、整体の施術、入浴、睡眠をひたすら繰り返す。とにかく眠れるだけ眠り、起きると施術が待っている。当然食事はなく、酵素ジュースや出汁(だし)、甘酒の補給のみ。だが、驚くほどに空腹を感じることはない。

「日常生活では、カラダには必要ないのに、頭で欲しいと思い、必要以上に摂取してしまうんです。食事を控えることで、必要なものだけを欲しがるように脳をトレーニングするのもこの断食の目的なのです」

もうひとつ驚いたのは、ずっと寝続けられること。自分は普段は4~5時間睡眠が基本だが、GREENにいると、7~8時間の睡眠のあと、午前1時間、午後2時間と、とにかくよく眠れる。そして眠るたびにカラダが軽くなり、頭がスッキリする。

逆にツラかったのが施術だ。悪いとみるや、グイグイと押して伸ばして引っ張る。こちらが悲鳴をあげようと容赦はしない。だが、それを繰り返しているうちに、痛みが徐々にやわらいでいくのがわかる。肩がまわるようになり、腰の違和感がなくなった。泣きたいくらいツラいけど効く。代田メソッド恐るべし。

プログラム終了後、先生から食事についてのカウンセリングを受ける。カフェインや糖分を控え、味噌汁や玄米中心の食事に。まじめにやったところ、1週間で体重が2キロ減り、体調もすこぶるよくなった。暴飲暴食や不規則な食事も断食を通して改めることができた。食生活を改善するきっかけとして、快適&ラグジュアリーなGREENの断食をオススメします!

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=川上康介 Photograph=近藤俊哉

*本記事の内容は17年4月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE7月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION