ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

滝藤賢一の映画独り語り座 Vol.28

悲しみをドラマチックにしない。
だから映画っぽくなくて
ぐっとリアルに感じられる

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

  • 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
    2016年/アメリカ
    監督:ケネス・ロナーガン
    出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー ほか
    配給:ビターズ・エンド、パルコ
    5月13日よりシネスイッチ銀座ほか全国公開

今回ご紹介するのは、アカデミー賞主演男優賞をケイシー・アフレックが受賞した作品『マンチェスター・バイ・ザ・シー』です。

お兄さんのベン・アフレックは有名ですが、ちょっとその陰に隠れてきた印象ですかね。しかし、今作ではまさにオスカーにふさわしい素晴らしい演技を見せています。

昨年の主演男優賞は、熊に襲われたり獣の死体にかじりついたり、感情むき出しのレオナルド・ディカプリオが受賞しましたが、今回の主人公は過剰演技いっさいなし。ドラマチックなシーンでも、まったく勝負せず、一見、役者として何もしていないように見えます。でも彼のなかには沸騰したヤカンの蓋が蒸気に押し上げられ、今にもはじけ飛びそうな感情が沸々(ふつふつ)と煮えたぎっている。無感情なように見えて突然、沸点に到達する芝居はあまりにリアル。

このケイシー演じるリーは、兄が心臓病で急死し、高校生の甥の後見人に指名される。でも、彼は現在の住まいであるボストンから、甥の住む海辺の町、マンチェスター・バイ・ザ・シーには戻りたくない。その理由が、現在と過去を交差させながら、徐々に明かされていく。

で、この甥のパトリックが、思春期と反抗期で実に面倒くさい。彼女といかにしてヤレるか、親父の死よりそっちのほうが重要。自分勝手すぎて「コイツ最低だな」と思わせてくれる最高の演技。よくよく自分の高校時代を思い返すと、たいして変わらなかったかも、と赤面しました。僕もこの先、4人の子供の反抗期と向き合わなければならないので、リーの、無関心を装いながらも子供の自主性に任せ、主張は尊重し、しかし言うべきことは言う姿勢はとても参考になりました。

この作品は、監督のケネス・ロナーガンが脚本も手がけていますが、やり直しのきかない中年に染みまくる台詞が目白押し。切なく悲しい物語のなかにも、しっかりユーモアがちりばめられていて、何より主人公のなかで何も解決されずにエンディングを迎えるのが、より説得力があり染み渡ります。

  • Kenichi Takitoh
    俳優。1976年愛知県生まれ。月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)が放送中。公開待機作に映画『関ヶ原』など。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Composition=金原由佳

*本記事の内容は17年4月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE8月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION