ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

編集長、昼間からビールをいただく

いつもの一杯を、最高の一杯に。

編集長ニホンヤナギの熱狂探訪(34)

~仕事が楽しければ、人生も愉しい!~

太陽の暖かい日差しが気持ちいい、ある昼下がり。こんな日には、昼からビールを飲みたいなぁ~、と思っていたところ、シルキーフォーマーなるものを編集部でゲット。スーパードライなど、アサヒビールの対象商品を購入し、シールを集めて応募すれば必ずもらえるそう。

これはラッキー!と思い、さっそくトライ!

使うには下準備があり、アルミバッテリーというものを冷凍庫で冷やしておく必要があるそう。冷凍庫をガサゴソしたら、編集部の誰かが冷やしてくれていた(ありがとう!)。それを専用のホルダーに取り付け、缶を差し込む。3~5分待てばビールが氷点下に。

待ち時間には、本を読んだり、少し昔の想い出に浸ってみたり。


 

そして、プルタブオープン!しかし、ここで焦らず。まずは、泡が立たないようにゆっくりグラスの線まで注いで。

残りをこの機械の上に乗せ、スイッチオン!

少し待って、グラスに注ぐと、シルクのようなキメの細かい泡が!!



完成。



そして念願のひと口。



うまい、、、。


 

ハーッ。


 

いつもの美味しいスーパードライが、格段に美味しくなった。これが応募すれば必ずもらえるとは!自宅にも欲しい、、、。
しかし、応募締め切りが5/8(月)と時間がない。とはいえ、これからゴールデンウィーク休暇で、飲む機会があるから意外と集まるかも!せっかく集めたものの応募しなかったっていうことにはならないように、グーグルカレンダーにも登録しといて、と。

このスーパードライを飲んでいて、ふと思い出した方がいます。ウブロをあっという間に世界的なブランドにのし上げ、今は、ウブロのみならず、ゼニスやタグ・ホイヤーの時計を統括しているジャン・クロード=ビバーさん。ゲーテでもおなじみ、時計業界を牽引する人物の1人です。

彼が日本に来ると必ず注文するビールがあります。それがアサヒのスーパードライなんです。「スーパードライが好きなんだ。正直、日本のビールはどれも美味しくて、どれがどの味かを判別するのは難しい。でも、ネーミングがいいんだよね。僕は時計でも、なるべく頭に残りやすいネーミングを大切にしているので、スーパーに、ドライ!という、このネーミングが大好きだし、実際美味しいからね!」

機会があれば、彼にも、このシルキーフォーマーで入れたスーパードライを飲ませてあげたいな、と。きっと、「スーパースーパードライだ!」と言ってくれる気がする。

▶アサヒスーパードライ「必ずもらえる!」キャンペーンはこちら

  • アサヒスーパードライ「必ずもらえる!」キャンペーン
    http://www.asahibeer.co.jp/superdry/cp/170313-170508/

    ■Aコース(シール96枚)
    シルキーフォーマーグラスセット(シルキーフォーマー+オリジナル薄口グラス)
    ※他にもシール48枚で、真空2層式ステンレスタンブラー、オリジナル薄口グラスセットがもらえるコースも。

    ■応募締め切り
    2017年5月8日(月)当日消印有効

    ■応募方法
    購入した対象商品についているシールをコースごとに必要な枚数を集めて、ハガキにて応募。

    ■対象商品
    アサヒスーパードライ 缶500ml/缶350ml
    アサヒドライプレミアム豊醸 缶500ml/缶350ml
    アサヒスーパードライ ドライブラック 缶500ml/缶350ml
    アサヒ ザ・ドリーム 缶500ml/缶350ml
    アサヒスーパードライ エクストラハード 缶500ml/缶350ml

  • 二本柳陵介
    雑誌「ゲーテ」、ゴルフ雑誌「GREEN GORA」、会員誌「ACCORDIA」編集長。長谷部誠「心を整える。」(累計150万部)、桑田真澄「心の野球」など、書籍も担当。ツイッターとインスタグラムはyanaginihon。ゴルフに悪戦苦闘中。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

*本記事の内容は17年4月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE7月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION