ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

攻めの麻布。中華とフレンチの新店

The Killer Restaurant
春、巨匠が攻める「麻布」

中国料理とフレンチ、ともに日本食材を強みにした新店が今春オープン。才気溢(あふ)れる"攻めの麻布"を感じたい。

茶禅華(Sazenka)
<中国料理/南麻布>

上:小鳩 胸肉 台湾香辛料《馬告(マーガオ)》焼き、腿肉五香脆皮(ウーシャンウォイビー)仕立て。炭火焼きや希少な香辛料を駆使した2種のスペシャリテ。下:大使公邸を改装した洗練の空間。
Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=粂 真美子 Photograph=中庭愉生

*本記事の内容は17年3月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)