ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

藤田 晋は、今、麻雀に夢中

サイバーエージェント社長
なぜ藤田 晋は、麻雀を極めようとするのか

昨夏、青山にオープンしたサイバーエージェントのクリエイティブ拠点「シャトーアメーバ」。スタイリッシュなインテリアの監修はNIGO(R)氏が担当。オフィススペースのほか、AbemaTVのスタジオも。

麻雀といえば、オジさんの娯楽。阿佐田哲也の『麻雀放浪記』に記されたような街場のギャンブルといったイメージがあるが、藤田氏いわく、最近若い世代にも静かなブームが起こりつつあるのだという。サイバーエージェントが手がけるインターネットテレビ「AbemaTV」では、麻雀番組がキラーコンテンツになっているとか。

「正直、人気が出るとは思っていなかったんですが、現在かなりの数のファンがついています。麻雀の競技人口はゴルフと変わらないくらいいるんです。自分の趣味が番組に役立つなんて思ってもみませんでした」

藤田氏が取り組んでいるのは、まるでスポーツのような"競技麻雀"。賭けるのは金ではなく、己のプライドだ。

「ギャンブルなら負けても金を払えば終わり。でもプライドを賭けて戦っているから、1ポイントたりとも失いたくない。全神経を集中して打つから、長時間は無理。集中力がもつのは、長くても4時間くらい。麻雀をしたあとは、疲れ切って逆に眠れないほど。徹夜麻雀なんて絶対にできませんよ」

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=川上康介 Photograph=岡村昌宏

*本記事の内容は17年2月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE8月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION