ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

中野陽一郎氏が明かすトランプ氏の本質

日本人ビジネスパートナーが明かす
ドナルド・トランプは人生ゲームの達人

「久しぶりに会った時、開口一番『母親は元気か?』と心配を。以前私がした些細な話も、しっかり覚えていたんです」

時に賛否を呼ぶアクの強さは、彼のブランディングにあると中野氏は言う。

「ワイキキのホテルも出資するのではなく、自分の名前を出すことで手数料収入を得るライセンスビジネス。彼は自分がどう見えているかをよくわかっています。皆に迎合するのではなく、好き嫌いはあっても何らかのエッジがなければブランドは力を持たない。彼のビジネスは "トランプ"という強いブランドで成り立っているんです」

中野氏がトランプ氏との長年のビジネスを通し見えたこと、それは「彼は"人生ゲーム"を楽しんでいる」ということだ。

「単純にホテルを造るだけではなく、そこからどんなビジネスが派生するか。『AをやるとBの情報も入り、Cは儲からないかもしれないが、次でこのぐらい儲けられるかも』と3手、4手先を一瞬のうちにシミュレーションするんです。そしてシナリオができたら、牛馬のごとく推進する。失敗したらとか、相手はどう思うかという迷いはいっさいないんです」

企業から国家へ。彼にとってそれはプレーの場を変えただけなのかもしれない。

「ビジネスがそうだったように、自分の国民にとって利があるなら、確実にそして誰よりも強い力で前進していくはず。いつかホワイトハウスで話を聞けることを楽しみにしています」

  • Yoichiro Nakano
    1966年東京都生まれ。セブン・シグネチャーズ・インターナショナル代表取締役社長。上智大学卒業後、ゴールドマン・サックスを経て、2003年にトランプ・ホテルをはじめとした、ラグジュアリーレジデンスの販売等を行う同社を設立。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=牛丸由紀子 Photograph=富取正明 Illustration=澁谷玲子

*本記事の内容は17年2月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE6月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION