ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

GMO熊谷社長、空へ ヘリ免許に挑戦

唯一無二の挑戦STORY
熊谷正寿
(GMOインターネット 代表取締役会長 兼 社長・グループ代表)

2016年4月に発足したGMOアスリーツ。2020年の東京五輪に向け、ナンバー1を目指す若きアスリートたちを支援。

GMOのインターネットインフラ事業は、マーケットシェアでナンバー1。圧倒的な強さで日本のネット業界に君臨する。また、昨年創設した陸上チームGMOアスリーツも、当然目指すは世界一。2020年の東京オリンピックで金メダリストを輩出するべく、熊谷氏自ら全国に足を運び、スカウティングを行うこともあるという。

「アートの分野でも世界一になろうと思ったんですが、普通にやったらルーブル美術館にはかなわない(笑)。だから一点集中して、ジュリアン・オピーの世界一のコレクターになったんです」 

熊谷氏は、自らの夢に挑み、それを次々と実現してきた。夢を追うのに年齢は関係ない。すべてでナンバー1を目指す、パワフルに走り続ける生きざまは、多くの人に勇気と笑顔をもたらしてくれる。

(C)Keizo KIOKU
「削ぎ落とされたシンプルな作風が自分のフィーリングに合った」という英国の現代アーティスト、ジュリアン・オピーの作品をコレクション。約90点を保有する質、量ともに世界一のコレクターだ。作品の多くはオフィスに展示。2015年に一般公開された時は話題となり、2日間で1000人以上が訪れた。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=川上康介 Photograph=興村憲彦

*本記事の内容は17年2月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)