ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

秋元・小山・見城が、仕事仲間と行く店

第5回ゲーテ・レストラン大賞
悶絶レストラン ゲーテイスト2017
「仕事仲間」と旨い飯

苦楽をともにする仲間との食事は、肩肘張らずに楽しみたい。ビール片手に家庭料理をつまみながら語らう時間が、強い絆とビジネスの成長につながる。仕事終わりに大勢で行きたくなるようなリーズナブルな店が勢揃い。

麻布 和可奈(Azabu Wakana)
<和食/麻布十番>

【キラーのひと皿】「アジフライ」
アジフライ¥1,200。刺身で味わえるという、新鮮かつ肉厚なアジを使用。衣はきめ細かく、薄めにつけて揚げるのが身上。大盛りのキャベツを添えて。

身上は「飾らず、シンプルに」。
アジフライが旨い店は信用できる


 若いスタッフを連れていく、使い勝手のいい居酒屋をおふたりにぜひご紹介したい。

 若い人にも秋元は気を配るからね。ここは予約はとれる店?

 曜日や時間帯によりますね。ご主人は料理に対して「シンプルに作っている、いたって普通の料理です」と謙遜になさるけど、この店は「アジフライ」が驚くほど旨いんです。

 俺も好きだな、「アジフライ」。居酒屋は一品一品、家庭的な料理がいいんだよな。

 この店の「アジフライ」は、刺身でも食べられる、鮮度抜群のアジを使っているそう。衣が薄くて身はふっくらとして、格別ですよ。それからカリカリに揚げた厚揚げ、ね。これもキラーメニューでめちゃくちゃ旨い。寒い季節には、美桜鶏(みおうどり) の水炊きとか鍋物もお薦めだそうです。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Cooperation=Sweet Thick Omelet,inc. Text=粂 真美子、小寺慶子、藤田実子、山本真由美、中井シノブ Photograph=薄井一議、上田佳代子、鈴木拓也、中庭諭生、大谷次郎、菊池陽一郎、内藤貞保、福森クニヒロ、笹原健裕、比田勝大直

*本記事の内容は17年1月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)