ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

化粧品業界で躍進し続ける男 石橋寧

数多の化粧品ブランドを成功させる男の
半歩先を歩き続けるヒット術。

"こだわり"の延長ですよ
仕事もこだわりだし、ものづくりも

世界観を体験できる青山のフラッグシップショップ。

中庭には、レモンやティートリーなど、原料となる植物が植えられている。

就職活動を始めた際、目指そうと考えたのはもちろん小売業。できれば百貨店に就職したかったが、時代も変わり始めていた。「ダイエーが小売業で1位の業績を上げた頃で、百貨店ビジネスの先行きに疑問を持った。会社訪問ではGMS(総合小売業)を回り、化粧品会社も1社だけ受けたんです」 

7月1日の解禁日に面接を受けたのがカネボウ。その日の夜に内定の連絡をもらう。 

スタートは営業からだった。「僕は名古屋を担当していたんだけど、ここで百貨店以外、すべての流通を担当できたのもその後に活きています。特に面白かったのが、奥さんが旦那さんの副業みたいな形でやっている町の化粧品専門店。ひとりで店番するから、新製品の説明会やセミナーに参加できず、そういう店はなかなか成長していかない。それでは僕も困るから、会社で特訓して覚えた新しいメイクを僕が出向いて自ら教え、新製品の説明をしたんです」

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=今井 恵 Photograph=吉場正和

*本記事の内容は17年1月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE6月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION