ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

秋元・小山・見城グルメ大賞 「魅惑の空間」編

第5回ゲーテ・レストラン大賞
悶絶レストラン ゲーテイスト2017
魅惑の「空間」に浸る

心地よい空間は、目の前のひと皿も、ともに過ごす時間も格上げする。ついついお酒も進み、自然と本音も漏れたりして――。そんなひと時にどっぷり酔いしれる店を、ゲーテ読者だけに特別にセレクト。

下鴨茶寮 東のはなれ
(Shimogamosaryo Higashinohanare)
<日本料理/銀座>

【キラーの空間】「東京タワーが見える秘密の小部屋」
食事が終わったあとはこちらの〝奥個室〞へ移動。シャンパーニュを飲みながら、ふたりきりの世界に浸って。利用希望の場合は予約時にスタッフに伝えておくとスムーズ。

お茶室の奥に潜む
とっておきの空間をふたりで


へしこは¥15,000のコースの一例。鯖ではなくのどぐろで作るのがこだわり。口の中ですっと溶けるような脂を湛えたへしこは日本酒にもぴったり。

 手前味噌で申し訳ないですが、ここはぜひ『下鴨茶寮』をお薦めさせてください。

 ぜひ。銀座の店は、趣も新たに、味もすごくよかった。

 東京に店を出すにあたって結構、料理のメニューも変えまして。料亭の懐石って......。

 ちょっと飽きるもんね。

 (笑)。なので、本質はきちんと京都のエッセンスを押さえながら、割烹のようなお料理を出したいなと。お造りも、普通に出すのは面白くないので。

 工夫してるよね。

 のどぐろを生へしこにして出したり、トロは自分で炙って葱と一緒に手巻きにして食べるとか、楽しさのあるプレゼンテーションを意識しました。夜は基本1万5000円のコースで、事前予約で2万円のオーダーメイドコースもやっていますよ。

 内装デザインも薫堂の肝入りだって聞いたけど。


Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Cooperation=Sweet Thick Omelet,inc. Text=粂 真美子、小寺慶子、藤田実子、山本真由美、中井シノブ Photograph=薄井一議、上田佳代子、鈴木拓也、中庭諭生、大谷次郎、菊池陽一郎、内藤貞保、福森クニヒロ、笹原健裕、比田勝大直

*本記事の内容は17年1月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE5月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION