ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

秋元・小山・見城の「勝負レストラン」

第5回ゲーテ・レストラン大賞
悶絶レストラン ゲーテイスト2017
あの人と距離を縮める「勝負レストラン」

アンバーな照明が似合うシックなインテリア。正面に据えられた焼き台でじっくり焼き上げられるステーキを眺めつつ楽しむカウンター。

厳選のサーロイン。他に仔牛、秋から冬は鴨などのジビエも用意。

備長炭の遠赤外線効果でじっくり焼き上げつつ、薪の香りも利用する独自の手法で焼き上げる。高さを変えられる焼き台も枝澤シェフが設計。

 肉続きで、大人のデートにもお薦めの、個室とカウンターしかない大人の空間『ステーキエーダ』を挙げます。

 僕も、ここイチオシです。

 僕がステーキで旨いと思っていた店以外で、久々にそのトップリスト入りした感じで。そりゃ、『かわむら』とか『ひらやま』、『トロワフレーシュ』もすごいんだけど。それらに、今後肉薄してくるかなって。

 シェフの枝澤竜太(えだざわりゅうた)さんは、イタリアで修業してるんですよ。フィレンツェやミラノで10年。フィレンツェでは肉屋さんでも仕事をしたそうです。

 最初にイタリアンの前菜が4品くらい出てくるんだけど、どれも凝っていて、新しい味なんだ。この人が作るんだったら肉も期待できるなと。ものすごく気分が高揚してくる。

 備長炭と薪で、時間をかけて焼くんですよね。その焼き方が枝澤流なんです。

 外はカリッ、中はふわっとしてて。炭だけじゃなくて、薪も使っているから香りがいい。

 精肉卸の『ヤザワミート』が枝澤シェフと組んで始めたんですって。専属の肉の目利き職人がいて、血統や肥育期間の長さにこだわり抜いた黒毛和牛を入手して、1カ月熟成させたり、モノによっては食べ頃を見極めたり、と。

 食べてみたい! 紹介制? 予約は至難ですか?

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Cooperation=Sweet Thick Omelet,inc. Text=粂 真美子、小寺慶子、藤田実子、山本真由美、中井シノブ Photograph=薄井一議、上田佳代子、鈴木拓也、中庭諭生、大谷次郎、菊池陽一郎、内藤貞保、福森クニヒロ、笹原健裕、比田勝大直

*本記事の内容は17年1月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE5月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION