ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

秋元康・小山薫堂・見城徹のグルメ大賞 開幕

第5回ゲーテ・レストラン大賞
悶絶レストラン ゲーテイスト2017 最強の「鮨と和食」

美寿(Bijoux)
<日本料理/広尾>

【キラーのひと皿】「キンキの土鍋御飯」
キンキの土鍋御飯(2人前)¥8,000。キンキの上品でクリアな脂と旨みが凝縮した看板料理。芳ばしく立ち上る香りとふっくらとした身がたまらない

"解脱"した大人にも
本質を学ぶ若者にもお薦め


 和食は和食でも敷居が高すぎず、料理はお造りからハンバーグまである。個室もあって使い勝手がいいから、南青山の『美寿』は、よく利用しています。

 この店は知らなかったなぁ。

 阿波尾鶏(あわおどり)のぱりぱり手羽先やカニクリームコロッケも旨いし、自家製の青唐辛子味噌をつけて食べる有機野菜のサラダも絶品です。でも、キラーはやはり〆の炊き込みごはんかな。「キンキの土鍋御飯」がとても美味しい。脂がのっていて、店主曰く"天然のバター"のようだと。

 それほどまで?

 「ひつまぶし」みたいに1膳目はまずそのまま食べて、2膳目はすだちを効かせた出汁をかけて食べるの。食べきれない時は、お持ち帰りにもしてくれる。

 それは食べてみたい!

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Cooperation=Sweet Thick Omelet,inc. Text=粂 真美子、小寺慶子、藤田実子、山本真由美、中井シノブ Photograph=薄井一議、上田佳代子、鈴木拓也、中庭諭生、大谷次郎、菊池陽一郎、内藤貞保、福森クニヒロ、笹原健裕、比田勝大直

*本記事の内容は17年1月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)