ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

受け継がれる伝統と止まらぬ進化

SIHH取材日記4

編集長ニホンヤナギの熱狂探訪(29)

~仕事が楽しければ、人生も愉しい!~

SIHH取材(私は)最終日。


1月18日。私は取材最終日。チェックアウトして、ホテルケンピンスキーへ。ここの2階でウブロが新作を発表しています。


チタニウム製のビッグケースは、存在感抜群。ホワイトが爽やかさをプラス。日本限定です。


ウブロ「スピリット オブ ビッグ・バン チタニウム ホワイト」
日本限定。自動巻き、Tiケース、サイズ縦51×横45mm
¥2,440,000

サファイアクリスタルケースの採用で、力強いウブロが美しさをまとった。

ウブロ「ビッグ・バン ウニコ クロノグラフ パーペチュアルカレンダー サファイア」
50本限定。自動巻き、サファイアクリスタルケース、ケース径45mm
¥11,700,000(予価)[6月発売予定]

自分のホテルに戻って、スーツケースをピックアップして、SIHHの会場へ。トラムにのって本を読んでいたら、日本に興味のあるという学生に声をかけられる。「日本は、本は縦書きなのに、書く時は横書きが多いよね?それが不思議!」と、日本語の表記について、少し話す。


会場着。A.ランゲ&ゾーネのカンファレンスに参加しました。1月17日の朝、A.ランゲ&ゾーネの復興に尽力し、引退後もブランドのアンバサダーとして活躍していたウォルター・ランゲさんが亡くなってしまいました。カンファレンスの冒頭、スタッフとウォルターさんの集合写真が映し出されました。ウォルターさんが、A.ランゲ&ゾーネを復活されたことで、ドイツの各時計ブランドは世界的に認知されたのだと思います。



取材を終え、今回うかがえなかったブランドのブースを巡り、空港へ向かいました! 編集池上はもう1日取材があります。最終日は池上がレポートします!


続く。

  • 二本柳陵介
    雑誌「ゲーテ」、ゴルフ雑誌「GREEN GORA」、会員誌「ACCORDIA」編集長。長谷部誠「心を整える。」(累計150万部)、桑田真澄「心の野球」など、書籍も担当。ツイッターとインスタグラムはyanaginihon。ゴルフに悪戦苦闘中。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

*本記事の内容は17年1月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE5月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION