ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

「龍角散と八海山の共通点」に社長納得

相師相愛 vol.07
藤井隆太×南雲二郎

師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。第7回は、老舗企業を引き継いだ経営者ふたり。

200年も90年も

  • 龍角散 代表取締役社長
    藤井隆太(左)
    1959年生まれ。桐朋学園大学音楽学部卒。プロ音楽家を経て、94年龍角散入社。95年より現職。社長就任時、40億円の負債を10年で完済し売上高を2倍に。

    八海醸造 代表取締役社長
    南雲二郎(右)
    1959年生まれ。東京農業大学短期大学部醸造科卒。83年八海醸造入社。97年より現職。高品質を追求する一方、量産体制を実現。全国ブランドの地位を確立。

南雲 27歳の時、藤井さんのお父様に初めて会って、人生や商売を教えてもらったんです。

藤井 僕はそういうことは親父から聞いたことがないんです。ましてや親父は会社を潰しかけましたから。ありがたかった教えといえば、楽しい酒を飲め、いい相手と飲め、ですね。

南雲 だいたい同じくらいの年齢、30代半ばで長い歴史のある企業の社長になりましたね。

藤井 龍角散が200年で八海山が90年。でも、そういうことを気にせず、南雲さんとは気楽に付き合えた。創立30年以上なら、ほとんど同じでしょう(笑)。

南雲 そういうことをいちいち考えている会社は、うまくいってないんじゃないですか(笑)。

藤井 大事なことは、むしろ先を見ること。それと、社長なんて嫌われまくったらいいと思うんです。会社が強くさえなれば。

南雲 これでもう完成した、と思った瞬間に終わりですからね。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=上阪 徹 Photograph=関 竜太

*本記事の内容は16年12月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE5月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION