ウェブゲーテは日経電子版とのコラボレーションサイトです

伊東屋 伊藤社長も秘書も芸術家肌

進化止まぬ傑物に追随する
匠の秘書の祭典 Part.3

東レSMBC信託銀行に続き、Part.3では文房具専門店として世界最大級の規模を誇る伊東屋の社長と秘書コンビを紹介。

伊東屋
創業113年の文房具専門店が誇る
気鋭の芸術家肌コンビ

ITOYA

  • 【BOSS】左/代表取締役社長
    伊藤 明
    1992年に入社。2005年より現職。経営の傍ら、店舗のインテリアデザインや、伊東屋オリジナル商品の開発なども先導する。

    右/秘書
    東 伸
    1974年生まれ。電力会社を経て渡英。大英博物館でアジア美術史専攻、金沢21世紀美術館館長秘書を経て2007年伊東屋入社。

    <COMPANY DATA>
    1904年、銀座の地に創業。文房具専門店として世界最大級の規模を誇る。2015年6月に、銀座本店をリニューアル。総床面積約4200平方メートルの全13フロアは、文房具売り場のほか、野菜工場、アメリカンスタイルのカフェやビジネスラウンジを併設し、大きな話題になった。

Let’s SHARE:

共有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をLinkedInに追加
閉じる

Text=上阪 徹 Photograph=西村裕介

*本記事の内容は16年12月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

NOW ON SALE GOETHE GOETHE5月号
全国書店で発売中!

RANKING

INFORMATION